必要なモノと不要なモノの判断基準は?

モノを捨てる時の判断基準は、実際にそのモノを「使うか・使わないか」です。

「今の自分」にとって必要で、適切で、快適なモノは使うモノ。「今の自分」にとって不要・不適で、不快なモノは使わないモノです。

重要なのは「使えるか・使えないか」ではなく、実際に「使うか・使わないか」です。これを基準にモノを仕分けします。

スポンサーリンク

普段実際に使っているモノや、お気に入りの置物などは自分にとって必要な「使うモノ」です。
壊れていて使えないモノや、あることすら忘れていたモノ、あるのは知っているけれど、大切にしていないモノ(使えるけれど使っていないモノ)は、「使わないモノ」であり、捨てる対象になります。

押入れや収納ケースの中で、何年もその存在を忘れているモノはありませんか?いつか着るかもと思って時々眺めるけれど、もうずっと着ることはない服がありませんか?
それらは今のあなたには不要なモノといえるでしょう。

参考文献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る