柔軟剤の匂いで、あなたと周りの人が体調不良に

最近の洗濯用柔軟剤には、香りがついている柔軟剤が多く販売されていますが、この匂いが原因で、体調不良を訴える人の相談件数が倍増しており注意が必要です。

「柔軟剤を使った洗濯物を室内で干したら咳が止まらなくなった」など、多いのは呼吸器障害で、他には頭痛や吐き気など。症状が長引くと1カ月以上続くケースもあります。

スポンサーリンク

あなたの服の柔軟剤の匂いで、他の人が体調不良の可能性も

さらに、「隣の洗濯物の臭いで頭痛や吐き気がする」「飲食店の店員の服についた香りで気持ちが悪くなった」など、他人が使用した柔軟剤の香りで体調不良を引き起こす訴えもありました。
窓をあけて生活する春から秋にかけて、他人が使った柔軟剤のにおいについての相談が増えるそうです。

国民生活センターでは、柔軟剤の販売業者に対して、においが与える周囲への影響について配慮を促す取り組みを行うように要請すると共に、消費者に対しても「柔軟剤を使えば何らかの化学物質が出ている。自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあることを認識してほしい」と注意を呼びかけています。

参考サイト

洗濯柔軟剤の過度な使用に注意 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130919/k10014663231000.html

衣類に香りが残る洗濯用の柔軟剤が人気を集めていますが、この香りが原因で気持ちが悪くなったなどという相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

柔軟剤の香りで体調不良 12年度相談、2倍の41件  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1905Q_Z10C13A9CR8000/

柔軟剤による体調不良の相談は、08年4月〜13年8月の合計で115件。このうち呼吸器障害が24件。ほかに頭痛や吐き気などが計81件あった。1カ月以上症状が続いているケースも12件あった。

柔軟剤を使った洗濯物を室内で干し、空気中の有機化合物の量を測定。強い香りの柔軟剤を使った場合、微香のものに比べて4〜7倍多かった。「香りが強いほど体調不良の原因とみられる化学物質も増える」(商品テスト部)と分析

柔軟剤:香りで体調不良、国民生活センターが啓発要請- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130920k0000m040039000c.html

アンケート調査によると、標準使用量の2倍以上の柔軟剤を使っている人が23%に上った。製品説明に「香りをもっと楽しみたい時は、好みに合わせて使用量を増やしてください」と書かれたものもあり、センターの担当者は「こうした表示はエチケットとしてどうかと思う」と話す。

「「柔軟剤のにおいで体調不良に」相談増加」 News i – TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2015654.html

国民生活センターは「自分にとって快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあると知っていてほしい」とし、(柔軟剤の販売)業者に対して、においが与える周囲への影響について、配慮を促す取り組みを行うよう要望

FNNニュース: 柔軟剤のにおいが原因…
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00254231.html

「隣の家の柔軟剤のにおいで頭痛がする」、「電車内で気分が悪くなった」といった、周りの人の柔軟剤のにおいで体調不良を訴える相談が多く寄せられている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る