車内クリーニングの料金

便利屋の行う車内クリーニングとは、車を清掃することをいいます。車内クリーニングは、車内の掃除機掛け、窓拭き、シートのクリーニング、内張りの拭き掃除、マットの清掃、ダッシュボードの拭き掃除をします。車の、ゴミ・ほこり・髪の毛などの汚れを除去し、丁寧な車内クリーニングを心掛けます。

①こんな時に便利屋に車内クリーニングの依頼ができます。
・新車並にきれいにしたい
・座席の隅まできれいにしたい
・いやな臭いを取りたい
・カビを取りたい
・傷を取りたい
・アレルギー対策をしたい

②車内クリーニングの価格の概要
車内クリーニングの場合、車の大きさやクリーニングの度合いによって価格が大幅に変わります。

③価格の目安
中型車の場合、清掃、除菌クリーニングで15,000〜25,000円が相場です。

④価格の具体例
21,000円(中型車・スチーム清掃、除菌のみ)
(※東京の便利屋の例)

⑤車内クリーニングサービス例
・高圧スチーム洗浄
・エアーブラッシング
・リンス
・シミ抜き
・悪臭除去
・カビ除去

⑥車内クリーニングを依頼する際の注意点
・出張の場合は別途出張費が加算されます。
・クリーニングの度合いを明確に伝える(ガラス拭きやワックスがけまでなど)
・作業時の立ち会い(破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 シートの汚れはトイレと同じ?

車内のシートは、なかなか掃除ができない上に、食べこぼしや飲みこぼし、皮脂の汚れ、ホコリ、タバコのヤニなど、非常にたくさんの汚れを受けやすい場所です。さらに、小さな子どもやペットが車に乗る場合は、シートの上でおしっこをしてしまったり、車酔いで吐いてしまったりすることも。このような汚れの積み重ねにより、車内シートはトイレと同じぐらい汚いと測定されることもあります。

☆シート洗浄は専用洗剤で
車内のシートは、布や革製のものが多く、水拭きをするとかえってカビの発生の原因になったり、嫌なニオイを取り除くことができなかったりします。車内シートのクリーニングには、シート専用の洗浄洗剤がありますので、これを活用しましょう。多くはスプレータイプになっていて、抗菌・消臭の効果がありますので、見えない汚れやニオイについても撃退してくれます。汚れたと思ったら、その都度キレイにしておくと安心ですね。

☆シートの汚れを防ぐには
車内のシートは、どうしても汚れから避けられない場所です。そのため、車内シートの汚れを防ぐには、シートカバーが有効です。軽い汚れならシートカバーについても、すぐにカバーを外して洗濯ができるので衛生的です。また、車内清掃をする時は、必ず先に掃除機でホコリやゴミを吸い取ってから拭き掃除を行いましょう。掃除機をかけずに拭き掃除を行うと、汚れがかえって付着して取りづらくなったり、シートが傷つく恐れがあるので、この順番を守るようにしましょう。

2013/2/19

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る