玄関クリーニングの料金

便利屋の行うクリーニングとは、家の内外を綺麗にクリーニングすることをいいます。

①こんな時に便利屋に玄関クリーニングの依頼ができます。
・玄関の汚れなどがひどく自分ではきれいにできない
・引越前後のクリーニング
・急な来客を受け入れるためのクリーニング
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②清掃の価格の概要
このように特定の箇所に絞ってのクリーニングの場合、場所単位で一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
1〜2時間程度の作業で5,000〜10,000円が相場です。

④価格の具体例
30分 5,000円
(※東京の便利屋の例)

⑤玄関クリーニングサービス例
・ゴミの選別
・不用品処分
・掃除機による玄関の床のクリーニング
・靴箱や照明などのクリーニング
・ワックスがけ

⑥玄関クリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・不用品やゴミの引き取りは可能か。(クリーニングの後は必ずゴミが出ます)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

 

コラム 〜 玄関の消臭方法

玄関の扉を開けた瞬間に、「もわっ」とした臭いがすると、本人の印象でさえ悪くなってしまうほど、玄関の消臭は大切です。でも、その家に住んでいる本人は、その臭いに麻痺してしまっているので、玄関の臭いが分からなくなっている可能性があります。そんな人は、しばらく外出をした後の家の臭いを敏感に感じてみるようにしましょう。

☆まずは消臭!
玄関の臭いの原因は、やっぱり靴の臭いが一番です。靴は、汗や皮脂の臭いがこもりやすく、衣類のように洗濯できないため、なかなか消すことができません。また、雨で濡れたままの傘やレインブーツを、靴箱やクローゼットに保管しておくと、カビの繁殖にもつながります。まずは、臭いの原因となっている靴を洗ったり、傘に消臭剤をかけるなどして、しっかり乾燥させましょう。靴や傘を乾燥させている間、靴箱やクローゼットを消臭させるため、キレイに拭き掃除を行ったら、消臭剤や炭、重曹などを置いて、臭いがこもらないようにします。

☆消臭できたら、良い香りに
玄関の掃除をしないで消臭せずに芳香剤を置いても、何だかいろいろ混じって、逆に嫌な臭いになってしまう可能性があります。しっかり消臭ができたら、ホームセンターや雑貨屋さんなどで販売されている、自分好みの芳香剤を買って置いてみるのもいいでしょう。芳香剤の代わりに、お花のポプリやフレグランスキャンドルを置いても、見た目にかわいくて楽しくなれますよ。

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る