クッションフロアクリーニングの料金

クッションフロアークリーニングは、ホコリや汚れ落とし、シミの除去、食べこぼしやコーヒー・紅茶のシミ落とし、掃除機掛け、拭き掃除、洗浄クリーニング、ワックス掛けなどを行います。

①こんな時に便利屋にクッションフロアークリーニングの依頼ができます。
・フロアーの汚れなどがひどく自分ではきれいにできない
・引越前後のクリーニング
・急な来客を受け入れるためのクリーニング
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②清掃の価格の概要
このように特定の箇所に絞ってのクリーニングの場合、部屋単位で一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
6畳 5,000円〜10,000円

④価格の具体例
6畳 9,100円
(※東京の便利屋の例)

⑤クッションフロアークリーニングサービス例
・掃除機によるフロアのクリーニング
・ワックスがけ

⑥クッションフロアークリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(傷の補修など)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

コラム 〜 クッションフロアとは

うちはフローリング?クッションフロア?と、アパートやマンションに住んでいると、意外と自宅の床が何の素材なのか知らないこともあります。フローリングは、そのまま見た目通りの板を使った床ですが、クッションフロアは、表面がビニール素材になっていて、木目調などにデザインされたものになります。クッションフロアは、表面がビニールなので手入れがしやすく、張替えが安価にできるのが特徴です。

☆クッションフロアのメリット
クッションフロアは、耐水性に優れ、汚れに強いので、キッチンやトイレ、脱衣所などで重宝されます。そのため、一般の住宅でも水回りの床に多く用いられています。また、一般のフローリングより予算が安く済むので、選ばれることもあります。特に、集合住宅では、床に物を落としても、下に音が響きにくいので、
非常に多く使用されています。

☆クッションフロアのデメリット
扱いやすいクッションフロアですが、いくつかデメリットもあります。見た目が本物のフローリングに比べ、木目調に仕立ててあるため安っぽく感じられ、ビニール素材であるため独特の臭いを発することもあります。化学物質に過敏な反応をする人にとっては、クッションフロアもアレルギーの要因となることもあるようです。また、熱に弱いため、吸いかけのタバコなどを落としてしまったりすると、簡単に焦げてしまうことがあるので、注意しましょう。

2013/2/19

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る