清掃の料金

便利屋サービスの清掃とは、床やガラスなどを丹念に掃除をすることをいいます

清掃の料金概要

清掃の種類や質、そして広さなどによって価格は異なりますので、一般的に見積りを取っての決定となります。

こんな時に便利屋へ清掃の依頼ができます

  • 引越前後の丹念な清掃
  • 急な来客を受け入れるためのガラス拭きなども含めた清掃
  • 細かく清掃をするのがニガテ
  • 仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
  • 病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない
  • 高所や狭所などの清掃
清掃の金額目安と価格相場

一般的な掃除には特殊な道具や機具などは必要がないため、時間給制を取っている便利屋がほとんどです。
時間給は地域によって違いますが、
2,500円〜4,000円/時間が相場です。
(都心部に近いほど清掃の価格は高くなります。また、深夜作業や重労働の清掃は高い料金になる傾向にあります。)

清掃価格の具体例

家具、照明(雑巾がけ)
フローリング(掃除機、雑巾がけ)
カーペット(掃除機)
トイレ(掃除機、雑巾がけ)
窓拭き(雑巾がけ)
25,800円(便利屋スタッフ2名/3時間)
(※東京の便利屋の例)

清掃サービス例
  • 掃除機やモップ、雑巾による家の床の清掃
  • キッチンやトイレ、お風呂などの部分的な清掃
  • 家具や照明などの清掃
  • アレルギー対策の清掃(タンスの裏のホコリの除去など)
清掃を便利屋に依頼する際の注意点
  • 見積りを取る(できれば複数)
  • 不用品やゴミの引き取りは可能か(清掃の後はゴミが出ます)
  • 清掃の場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
  • 清掃の度合いを明確に伝える(ガラス拭きやワックスがけまでなど)
  • 貴重品を置いておかない(紛失・盗難防止)
  • 作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、清掃の度合いの確認など)
  • 作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

清掃コラム 〜 大晦日以外の大掃除日和

大掃除と言えば、大晦日ですが、1年に1回の大掃除では相当な汚れがたまってしまい、大晦日の1日だけでは終わらないという悲しい事態が起こる事もあります。
そこで、1年に何度か大掃除をするタイミングを増やす提案をしてみたいと思います。

季節の変わり目に大掃除

まず、一番分かりやすい大掃除のタイミングは、冬から春のように季節が変わる時です。
季節の変わり目は、服のワードローブをごっそり変えるタイミングでもあるので、確実にタンスやクローゼットの清掃をすることができます。

また、部屋や台所などに季節外れの物や食器などが出しっ放しになっている場合は、それらを片付けながら一緒にガスまわりやテレビまわりなど、普段は清掃をしない箇所も思いきって手を入れてみます。

特に寝室まわりの寝具関連は、季節の変わり目と共に、毛布が増えたり減ったりするので、こちらもクリーニングに出したり、天日干しをしたりしてリフレッシュを行います。

長期休暇に大掃除

もう一つは、普段はなかなか時間がなくて清掃できないという人にオススメの、長期休暇中の大掃除です。
部屋の清掃は、どうしても時間がかかるものです。

清掃を始めたのはいいものの、中途半端に残ってしまった…というのは、できれば避けたいですよね。
時間がたっぷり取れる時に、細かいところまで入念に清掃すると気持ちもスッキリします。

それでも清掃ができない…

上記のようなタイミングでも、やっぱり別の事に時間が取られて大掃除なんて無理!という人は、便利屋さんの清掃を頼んでみましょう。散らかり過ぎて、何から手をつければ良いか分からないという場合ほど、清掃のプロである便利屋さんに頼めば、一気にキレイにすることができて気持ちが切り替わります。

一度キレイになった部屋は、できるだけ維持しようと思えますので、ぜひ、思い切りの一歩を便利屋さんに頼んで、スッキリしてみましょう!

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る