ガスコンロ・カスレンジクリーニングの料金

ガスコンロクリーニングは、焦げ付き汚れを落とし、ベトつく油汚れも洗浄します。吹きこぼれで焦げ付いたガスレンジ(ガスコンロ・レンジ台・ガス台・ガステーブル)を丁寧にクリーニングします。ガスコンロクリーニングは、キッチンクリーニングの際にも実施します。

①こんな時に便利屋にガスコンロ・ガスレンジクリーニングの依頼ができます。
・コンロの油汚れなどがひどく自分ではきれいにできない
・細かく掃除をするのがニガテ
・仕事や子育てで丹念な清掃まで手が回らない
・病気やケガ、あるいは高齢などで清掃ができない

②清掃の価格の概要
このように特定の箇所に絞ってのクリーニングの場合、一定の料金を定めている便利屋がほとんどです。

③価格の目安
1〜2時間程度の作業で5,000〜10,000円が相場です。

④価格の具体例
ガスレンジ天板(表面)、五徳、バーナー、受け皿、魚焼きグリル、スイッチ周りのクリーニング
8,400円(魚焼きグリル内の内壁、バーナー着火部近辺を除く)
(※東京の便利屋の例)

⑤ガスコンロ・ガスレンジクリーニングサービス例
・ガスレンジ天板(表面)、五徳、バーナー、受け皿、魚焼きグリル、スイッチ周りのクリーニング

⑥ガスコンロ・ガスレンジクリーニングを依頼する際の注意点
・見積りを取る(できれば複数)
・クリーニングの場所を明確に伝える(事前確認、プライバシーの保護など)
・クリーニングの度合いを明確に伝える(特にコゲや油汚れ)
・作業時の立ち会い(家財の破損防止、紛失・盗難防止、作業度合いの確認など)
・作業後のチェック(家財の破損防止、紛失・盗難防止など)

同じような便利屋サービスに、下記があります。

●ガスレンジクリーニング
ガスレンジクリーニングは、焦げ付いたガスコンロのクリーニングやグリル内の汚れ落とし、ベトベトになったガスレンジの油汚れを洗浄します。ガスレンジクリーニングは、キッチンクリーニングの際にも行います。

コラム 〜 ガスコンロのお手入れ

長い間ガスコンロを使っていると、火の色が青ではなく赤い炎しか出てこなかったり、火力が安定せずに途中で消えてしまったりすることがあります。このような現象が起こっている場合には、ガスコンロの火の吹き出し口が目詰まりを起こしている可能性があります。

☆目詰まりを解消するには
まず、吹き出し口の目詰まりを解消するには、ワイヤーブラシやハブラシ、細い針金を準備しましょう。ガスの元栓が閉まっていることを確認し、ガスコンロが冷えた状態で掃除を始めます。バーナーキャップを取り外し、汚れがひどい場合には、中性洗剤を含ませた布で表面の汚れを拭き取ります。穴の通りをよくするため、ブラシの毛や針金を穴に差し込み、汚れをかき出しましょう。ガスブラシという専用の便利グッズもありますので、一度試してみてください。

☆ゴトクのしつこい焦げを落とす
鍋やフライパンを支えるガスコンロのゴトクは、特にしつこい焦げがこびりつきやすい部分です。いつか掃除をしようと思っているうちに、しっかり根深い焦げがついてしまうもの。既についてしまった焦げを落とすには、重曹が役立ちます。鍋にたっぷりの水を張り、その中に重曹を入れ、混ぜ合わせます。(水1リットルに重曹大さじ1が目安)さらに、その中にゴトクを入れ、沸騰させます。沸騰したら、一旦火を止め、そのままつけ置きます。2〜3時間ほどつけ置いたら、冷えていることを確認して、もう一度洗剤で洗います。これで、あの取れにくかった焦げが、簡単に落ちますよ。

2013/2/19

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る