猫被害対策の料金

ネコ被害対策とは、ネコによる糞害などを防ぐことになります。
ただし、「愛護の動物及び管理に関する法律」により、ネコを駆除することはできません。

①ネコ被害対策の依頼内容(想定)
・野良猫が家の中で糞や尿をする
・発情期の野良猫の鳴き声がうるさい
・野良猫が家の中をあらしまわる
・自動車やオートバイをひっかいて塗装がはげた

②ネコ被害対策の価格の概要
詳細なデータなし

③価格の目安
詳細なデータなし

④価格の具体例
詳細なデータなし

⑤ネコ被害対策サービス例
「愛護の動物及び管理に関する法律」
1、牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2、前号に揚げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するものはみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。」と定められています。
ここで言う「人が占有している動物」とまりペット以外なら「みだりに殺し、又は傷つけても」よいとの解釈も当てはまりそうなのですが、実際は「飼い猫」なのか「野良猫」なのかの判断はできません。
このように解釈がデリケートな法律のため、便利屋はじめ害虫・害獣駆除業者はネコ駆除を行っていないようです。

⑥代行を依頼する際の注意点
詳細なデータなし

⑦自分でネコ被害対策を行うには
・野良猫にエサを与えない
・ネコよけネットの設置
・ネコよけマットを敷く。
・車やオートバイにシートをかぶせる。
・犬猫忌避剤をまく
・犬猫忌避砂をまく
・ネコ撃退用超音波送致を設置する。
・重曹などでネコの臭いを抹消してしまう。
・酢などネコの嫌いな臭いの物をまく

 

2013/2/20

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る