放っておくのはNG!お子さんのニキビ肌

とってもキレイな顔立ちだけど肌が汚いって結構損していたりすると思います。

「あー、つるつるな肌だったらなー」なんて思いますよね。

でもそれは人それぞれ。
しようがないこと!!
なんて思ってはいませんか??

スポンサーリンク

肌がごわごわやぼつぼつと陥没のある肌は、思春期のニキビ肌が原因。

小学生や中学生のお子さんをお持ちの方、お子さんがニキビに悩んでいたりしていませんか?
思春期だからとか若い証拠なんてほっとくのはダメです。

確かに若いからこそできるニキビですが、それを潰したりすれば一生ものとなってしまいます。

ニキビに悩み始めたら、まずは洗顔に気をつけましょう。
きちんとたっぷりの泡で洗い、しっかり洗い流すことは大切です。

そしてふき取り化粧水で毎日ケアをしましょう。ふき取り化粧水なら表面の雑菌、とりきれなかった汚れをさっと落とし、クリアな肌に整えます。

そしてビタミンを取ることも大切です。
フルーツなど食品からでも少しずつとりましょう。

もっとひどくなったら必ず皮膚科へ。
私は大学時代ほんとうにニキビがひどくて病院に通っていました。
塗り薬と飲み薬でおかげさまでその頃のニキビは跡にもならずにみごと完治することができました。

ニキビは病院に行くべき症状です。
ひどい方、ひどくなりそうな方は皮膚科へ行ってくださいね!

大人になった時の肌を左右するのは思春期のお手入れ!!
ごわごわ肌にならないようにお子さんのお肌も見守っていてあげてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る