カラーボックス活用術 〜 組み合わせ家具アイデア収納

カラーボックスをどのように置いて、どのように使っていますか?
お手頃な値段で買えちゃうカラーボックスをもっと活用しちゃおう!

スポンサーリンク

キャスターを取り付けてラクラク移動☆

カラーボックスって重いですよね。
100均にも売っているキャスターを取り付けて移動式棚にしちゃいましょう!
取っ手をつければキッチンなどの隙間に収まる収納家具として活用できます。

天井まで重ねちゃえ☆

タテでもヨコでも、上に重ねて大きな棚にしちゃいます!
天井に届くまで重ねるのもよし、手の届く高さにするもよし、横幅も大きくとることも可能。
あとで追加することも削減することができるので、部屋の広さに対応することができます。

レンガを使って段を増やそう☆

カラーボックスの上端にレンガを置き、その上にさらにカラーボックスを乗せると、ボックスの間に新たに段ができます。
大皿が入るくらいの広さも取れるので、キッチン収納にぴったりです!

テーブルにしちゃえ☆

カラーボックスを2個、間を開けて置き、その上に天板を載せれば収納テーブルになります。
子供の学習机やPCデスクにも、キッチンカウンターにも、間につっぱり棒を挟めば洋服もかけられます。

まとめ

インナーボックスでまとめるのもよし、オープンに飾って見せるのもよし、DIYで扉を取り付けたり、マスキングテープで可愛くデコレーションしたり、自分の好きなデザインにできるのが魅力的です。

あまり重ねすぎず、安定性を求めることも大事です。
重ねる際には、カラーボックス同士を金具でしっかりと固定することと、転倒防止のための固定もしっかりとやることが大事。
怪我に注意しながらDIYしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る