• 2013/11/27

ちょっとしたものをプラス!使いやすいキッチンを目指そう

キッチンは、使いやすさを追求した収納が一番です。
いくら見た目がおしゃれでも、料理を作る際、片づけする際に使いにくいのなら、収納を考え直した方が良いでしょう。毎日料理をするならなおさらです。

例えば上部キャビネットの下にラックを取り付けると、頻繁に使うものを置けて便利です。普段使いのカップや、布巾などを置くと良いでしょう。
更にそのラックの底にS字フックをつけると、レードル(おたま)やバタビーターなど、頻繁に使うものを掛けられて便利です。こうしておくと、棚や引き出しから取り出す手間が省けます。

スポンサーリンク

キッチンの手近な壁にワイヤーネットを取り付けると、壁を収納スペースにできます。小さなカゴなどを掛けて細々したものを入れるのも良いでしょう。

まな板の置き場所に困ったら、シンク上の棚の下にまな板用のラックを取り付ける方法もあります。料理の時にすぐに取り出せる位置なので便利です。

調理道具の収納場所を増やしたかったら、キッチン下の収納の戸の裏側にバーを取り付けて、ワイヤーなどを使って掛ける方法もおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る