汚部屋って日本特有?欧米の家がきれいに片付いて見える理由

片付けられない女」や「汚部屋」、「ゴミ屋敷」という言葉が使われ始め、そういった人たちに注目が集まるようになってずいぶん経ちますが、メディアに取り上げられるのはほとんど国内のケースばかりで、不思議と海外の人はまず登場しません。

スポンサーリンク

欧米の家のイメージ

確かに、特に欧米などでは家の中が常にきっちりと片付いているというイメージがあり、実際に筆者自身も海外で汚部屋に遭遇したことは一度もありません。

もちろん、海外でも片付け下手な人がいて汚部屋もあることと思います。たいていの人は来客があれば多少の掃除や片付けはするものなので、メディアは彼らの本来の姿までは映し出していないのかもしれません。
それでも、どう見ても日本の家よりこざっぱりと、しかもオシャレに片付いているのはなぜなのでしょうか。

モノが増えないコツ

大きな理由としては、インテリアのセンス、家の構造や大きさ、部屋数などの違いが挙げられると思いますが、さらに具体例を挙げると、欧米では家具は良いモノを買って長く使うのが普通であり、キャパシティ以上のモノを買わない、よく吟味してから買うなど、慎重な買い物をしています。

それに、料理のレパートリーが少なく外食の機会も多いので、調理器具や食器もそれほど多くは必要としないのです。和・洋・中と幅広く作る日本のキッチンにモノが溢れるのも無理もない話です。

また、向こうでは基本的に床にはモノを置かないというのも、常にきれいに片付いて見える理由かと思います。

あくまでもヒントとして

とは言っても、これらの差は文化の違いでもあり、どちらが正しいという問題ではありません。あくまでも、きれいに片付いた部屋を保つお手本として参考にする程度でいいと思います。

参考サイト
どうして欧米人の家は片付いているのですか? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0513/239456.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る