アイメイクは道具でキレイに!

アイメイクで一番楽しめるアイシャドウ、気分によっていろんなカラーを楽しめますよね。

そのアイシャドウ、あなたはどのようにつかっていますか?

チップ、ブラシ、指、、、。
色んな使い方のあるアイシャドウ、使い分けを考えてみましょう。

スポンサーリンク

まずはアイホールに入れるベース。
肌の色むらを抑えワントーン明るく色がのりやすくします。

仕上がりはサラっとしていながらも肌に密着するものを選んでください。
ベースは肌に密着させたいので指先でのせるのがおすすめです。

次にメインとなるカラーをアイホールにのせます。
このときはブラシ使いがおすすめです。

指では指の平にラメやパールが残りうまくラメやパールがアイホールにのらないことが多く、チップではムラが出来やすいです。
アイホールにぴったりなブラシでふんわりと色をのせることがキレイなアイシャドウの仕上がりになります。ラメやパールも自然です。

そして目の際に濃い色をのせましょう。
これは細めのチップを横にして使うのがよいかと思います。目の際は痛いと感じやすいので柔らかいところを使ってやさしくのせてほしいです。

これからイベントが多くなる季節、メイクも楽しみたいですよね。
道具をうまく使いこなしていつまでも見つめていたくなるような目元にしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る