カーペットの小さなゴミはゴム手袋でキレイサッパリ

通常、カーペットの掃除には掃除機や粘着ローラーなどが使われています。しかし、掃除をした後でよく見ると、まだ細かいほこりや髪の毛、あるいはペットの毛などがカーペットに絡みついて残っていることがよくあります。

今回は、そんな小さなゴミもしっかり取ることができる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ゴム手袋をはめて表面をなでるだけ!

用意するモノは、ごく普通のゴム手袋だけです。
これを手にはめてカーペットの表面をなでると、ゴムの抵抗によってびっくりするほどほこりや髪の毛がたくさん浮いてきます。

こうして浮いてきたゴミをゴム手袋でかき集めると、まだこんなに残っていたのか、こんなところで生活していたのかと驚くほどのゴミの山ができあがるのです。

外国人にも教えたいゴム手袋ホコリ取り

以前、海外の主婦数人に、愛用している日本生まれの便利グッズを調査するという番組を観ていたところ、ある若い主婦が粘着ローラーを挙げていました。その主婦曰く「掃除機では取れない小さなゴミも取れるから」とのことでしたが、世界中どこにでもあるゴム手袋のほうがもっとゴミがよく取れると知ったらどう思うだろうか、と筆者は時々考えることがあります。

手軽・節電・低コスト

この方法のメリットは、わざわざ重い掃除機を出してくる必要がなく手軽で、しかも電気を使わないという点ではないかと思います。使うのはゴム手袋だけなので、急な来客にも慌てず対応できます。使い古しで十分なのですが、新しく買うにしても、最近では一番安くて100円以下で売っているので、低コストで済みます。

掃除機とのダブル使いで爽快感&達成感アップ!

ちなみに、筆者の場合は少しでも効率良くゴミが取れるように、いつも掃除機をかける前にこの作業を行なっています。
ゴム手袋と掃除機の両方で掃除をすると、爽快感や達成感も2倍です。

参考サイト

カーペットのほこりは、ゴム手袋でとる! – はっぴーママ.com
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/ienonaka/11_ie_03060601.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る