電子レンジや炊飯器、掃除機、電話機、携帯電話など生活家電の捨て方は?

平成25年4月1日より「小型家電リサイクル法」がスタートしました。これによって多くの生活家電がリサイクルの対象となりました(注:テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機はすでに「家電リサイクル法」の対象になっています)。

スポンサーリンク

ただし、この法律はまだ施行されたばかりで、未整備の部分が多いといえます。市町村に回収が任されていますので、市町村によって回収する対象品目や収集方法が異なっています。捨てる前にお住まいの自治体の回収方法を確認しましょう。

お住まいの自治体でリサイクルとして回収していない場合は、粗大ごみや埋め立てごみ、燃やすごみなど、ごみとして回収しています。お住まいの自治体によって分別が異なりますので、事前に確認してください。
携帯電話は、携帯電話の販売店で回収していますので、販売店に返却するのが便利な方法です。

参考サイト
平成25年4月1日から使用済み小型家電のリサイクルが始まります お住まいの市町村の分別ルールに従い、正しくリサイクルしましょう:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/2.html
横浜市ごみ分別辞典「MIctionary(ミクショナリー)」 | ごみと資源物の出し方一覧表
http://cgi.city.yokohama.jp/shigen/bunbetsu/list.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る