iPhone 6 Plusに機種変しました。概ね気に入っています!

2年使ったiPhone5からiPhone 6 Plusに機種変更しました。

iphone6plus01

予約してから届くまで1ヶ月ちょっとでした。iPhone5を片手で操作することに慣れていたので、「大きすぎるんじゃないか?」と不安でしたが、私の使い方の場合、とても便利で、iPhone 6 Plusにしてよかったと思います。

iPhone 6 Plusに機種変更する前の準備

バックアップや移行手続きなどの事前準備は、忘れずにしておきましょう。特にiPhoneを下取りに出す場合は、端末を初期化して下取りに出すので注意しましょう。

  1. iPhoneのバックアップ
  2. LINEなど端末認識するアカウントの移行手続き
  3. 2段階認証アカウントに注意

iPhoneのバックアップはできればPCと繋いでiTunesで完全バックアップをするのが望ましいと思います。復元が早くて楽です。PCのない人は、iCloudに重要データ(設定関連)部分をバックアップし、それを新しい機種に復元することができます。

LINEのアカウントを引き継ぐ方法は、下記にあります。

機種変更時にLINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

忘れがちなので注意しなければならないのは、二段階認証のアカウントです。乗っ取り防止の為、GoogleやFacebook、Dropboxなどのアカウントに二段階認証をしている場合、新しい端末では認証コードを取得するアプリ「Google Authenticator」が設定し直すまで使えないので、別の方法でログインできなければいけません。バックアップコードが手元にあることや、SMSで認証コードが受け取れる環境になっていることを確認しておきましょう。新しいiPhone端末で、Google認証システムの再設定が必要です。
あるいは、機種変更の間は、二段階認証を外しておくもの手だと思います。

iPhoneを初めて使う場合は、現端末の完全バックアップからの復元はできませんが、例えばAndroidスマホからの機種変では、アドレス帳などの移行が必要となるでしょう。ただ、Googleアカウントの連絡先にアドレスが登録されているのなら、それをiPhoneと同期できると思います。

iPhone 6 Plusに変えた後にすること

  1. iPhoneの復元
  2. LINEなど端末認識するアカウントの移行手続き
  3. 2段階認証システムの再設定
  4. キャリアメールの設定

古いiPhoneから新しいiPhoneへの端末変更の場合、完全バックアップ→復元を使えば、半日程度で移行が完了すると思います。

キャリアメールの設定方法は、auの場合は下記になります。メッセージアプリ、メールアプリのどちらも利用可能です。

メールサービス | サービス・エリア | iPhone 6 / iPhone 6 Plus(プラス) | iPhone | au

iPhone 6 Plusに変えてよかったこと

使い方によって、メリットがデメリットになったりしますが、私の使い方ではメリットが多かったです。

  • 画面が見やすい!情報収集が捗る
  • 通信が速い
  • 入力しやすい!ちょっとした仕事ならiPhoneで可能
  • タブレット(iPad)が不要になった
  • カメラが綺麗!動画が手ブレしない!
  • ながらスマホが減った

そもそも私の場合、ほとんどスマホで電話はしません。なので、タブレット的な使い方ができる大画面のiPhone 6 Plusは私にとって非常に使いやすくて快適です。とくにランドスケープモード。
iphone6plus02
PC用のサイトが見やすいし、Safariならタブ管理も便利です。タブレットのように使えます。当サイトを表示した際の情報量も多くて見やすいですね。
iphone6plus03
メールアプリやメモアプリなど、ランドスケープモードに対応しているアプリの場合、画面が2つに分割されて、一覧と個々の内容を同時に表示できるのも便利です。
iphone6plus04
文字入力も、前後のカーソルキーや、やり直しキーがあって、捗ります。
iphone6plus05
もうひとつiPhone6よりもiPhone 6 Plusのほうが優れているのがカメラ性能です。光学手ぶれ補正がついてシャープに撮れます。夜の暗い場所でも綺麗に撮影できます。

私の場合はとくに、カメラとしてスマホを利用することも多いので、iPhone 6 Plusのカメラ性能の真価は素晴らしくて嬉しいです。動き回る二歳児の動画撮影もiPhone 6 Plusならバッチリです。料理の写真もいい感じにボテていたりして美味しく撮れそうです。
APPLE(アップル)のカメラ iPhone 6 Plus で撮影した写真(画像)一覧 (お気に入りが多い順(最近3カ月)) – 写真共有サイト:PHOTOHITO

ただ…、iPhone6のカメラのシャッター音はあまりにデカすぎです。周りに人がいたりするとビックリするんじゃないかと思うほどです。他人迷惑にならない程度のシャッター音にして欲しいです。

通信速度も、最大150Mbpsと言われる高速モバイル通信や、無線LANの11acに対応してWifi接続も最大3倍速くなるとのこと。

私はauの端末なので、特にiPhone5からの機種変更では、800MHzのLTEが使えるようになったり、キャリアアグリゲーションやWiMax2+対応もあり、とても快適になりました。モバイルは通信ができてこそ力を発揮しますので、スマホやキャリアを選ぶ際のポイントだと思います。

それから、これまでは頻繁に片手で「ながらスマホ」をしていたのですが、これがなくなりました。というか出来なくなりました(笑)これは、良かったと思います。今までだと、ちょっとiPhone5を触ってしまったのが災いしてあっという間に時間が過ぎ去ってしまった事が多かったのですが、これがなくなりました。iPhone 6 Plusをずっと持ち続けていると、疲れてきますしね(笑)

iPhone 6 Plusのデメリット

  • 大きい!

これに尽きますよね。これが最大で最強のデメリットになる人には、向いていないということですが、そうでない人には画面サイズが大きいことの恩恵のほうがたくさんあると思います。

当然、大きいことでいろいろ困ることが起きてきます。

  • 片手操作や片手フリック入力は困難
  • ズボンのポッケに入れるとキケン
  • カメラのシャッター音が大きすぎ

シーンズの後ろポケットに入れようと思えばもちろん入りますが、うっかり変に体重を掛けてしまったりするとiPhone 6 Plusに負荷がかかりそうで怖いです。「曲がった!」というレビューも聞きますし。。

カメラのシャッター音は、iOS8.1だと一枚目の撮影が無音になるバグがあるようでちょっと嬉しいのですが、それはともかく、もう少し小さくして欲しいです。なんでも大きけりゃいいってものでもないのです。

PCとスマホの二台持ちには相性が抜群

とくに、MacとiPhoneの2台持ちには、便利と思います。スマホとPCの連携もバッチリです。iPhoneで撮影した写真もワイヤレスでMacに取り込めますし、SMSやメッセージはiPhoneでもMacでも返信できますし、iPhoneに掛かって来た電話をMacで受けることも出来ます(しないけど…)。

iPhone 6 PlusとPCがあれば、もうタブレットは不要でしょう。

仕事をしたりクリエイティブな作業をする人は、PCでのほうが生産性が高いので、パソコンはあったほうがよいのですが、そうではなく、普段の生活の中でネットと情報端末を使うだけの人には、もうiPhone 6 Plus一台ですべて事足りると思えるほどです。

あるいは、iPhone 6 Plusよりももっと大きな画面で映画などのエンターテイメントを楽しみたい人や、老眼のためタブレットのほうが使いやすい人は、iPad Air2がオススメになってきますが、その場合はスマホは小さいサイズにするか、フューチャーフォン(いわゆるガラケー)にするのでも良いと思います。

フューチャーフォンと、SIMフリータブレットを低価格SIM(MVNO)で運用するという組み合わせならば、通信費の節約になります。

最近では、8インチでPC用のWindowsが動作するタブレットが出てきています。ちょっとした仕事ならば、これでも十分でしょう。Microsoft Officeが使えます。

また、タブレットでイラスト等の絵を書きたい人も、現時点では8インチのWindowsタブレットが狙い目です。低価格ながら筆圧検知のスタイラスペンが付属しているASUSのVivotab Note8が、お絵かきタブレットとして有名ですね。ワコムのスタイラスペンも利用可能です。

iPhone 6 Plusでもスタイラスペンを使えば、手描き入力程度は可能でしょう。

月々460円ちょっとの負担増でiPhone 6 Plusに変えられた

今回、iPhone5からiPhone 6 Plusへの機種変更で、料金的に変わるのは月々たったの460円の負担増です。この料金で最新のiPhone 6機種に変えられるのなら、変えたほうが良いと思いました。(ただし、携帯キャリアとの契約を解消して、低価格SIMでの運用に変えたい人は、来年施行されるSIMフリー義務化を待っても良いと思います。)

どうして月460円でiPhone 6 Plusへ変えられるかというと、iPhone5の下取り金額が高いことと、毎月割があることです。特にauのiPhone5は色々とトラブルが多かったので、今回は特別措置でしょうか?

もしもiPhone6の一番安いモデルならば、月々の負担なしで最新機種に変更できると思います。日本でiPhoneが人気なのも頷けますね。

ちなみに、9月下旬の見積もり時には、月々の料金はもっと安かったんです。しかし…、その見積には9月で終わるキャンペーンの割引料金が入っていたり、11月になるとiPhone5の下取り価格のうち機種変に充当できるポイントが変更になって全額引けない(残りはauポイントに付加)ということもあって、高くなりました。

予約した機種がなかなか届かなかったので契約が遅くなったのが原因なのに、ヒドイというかズルいですよね。ちゃんと最初に説明すべきだと思います。

iPhone 6 Plusは落とさないように注意!

薄くて軽くて大きいiPhone 6 Plusは、とても落としやすいと思います。なので、ストラップのついたiPhone 6 Plusケースを使っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る