汚れが付いたポットや水筒を使っていませんか

今では、洗いにくい水筒やポットの中を洗うためのブラシもいろいろあります。
でも、汚れがあまり取れなかったり、ブラシが上手く隅まで届かなかったり…便利そうで不便なブラシも少なくありません。

使い勝手の良いブラシをお探しなら、ぜひマイクロファイバーボトルブラシを使ってみてください。
極めて細やかな繊維のマイクロファイバーが、取りにくい汚れもしっかりキャッチ。あとはサッとこするだけで、底に付いた汚れが簡単に落ちます(^^)

スポンサーリンク

ブラシが短いと底まで届かないし、長すぎると使いづらいもの。引っ張り縮めたりできるブラシは、収納性こそ良いかもしれません。だけど、力を入れて洗うと縮んでしまうこともあるんですよね。

このマイクロファイバーボトルブラシは、約39㎝とちょうど良い長さ。重さは45gと軽量ながら意外としっかりしているので、力を入れて使ってもそう簡単には折れません。

洗いやすさの他にマイクロファイバーで嬉しいのは、乾くのが速いこと。
スポンジとは違って乾きやすいので、水滴が落ちて困ることもありません。

いつもキレイな水筒やポットを使うには、断然マイクロファイバーボトルブラシがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る