牛乳パックでガーデニング

空になった牛乳パックは、その形や材質から、ガーデニングにも使えます。

残った栄養分を有効活用

牛乳パックが空になっても、周囲や底にはけっこう残って付着しています。この牛乳のタンパク質などの成分を利用しない手はありません。

まず、空になった牛乳パックは、洗い流さずに水を入れます。そのまま植木などの水やりに使えば、ただの水をやるよりも植物が元気になります。
あとは普通に洗って乾かして何かに再利用すればいいのです。

スポンサーリンク

鉢植えを可愛く

小さな鉢植えやミニ観葉植物を育てているなら、牛乳パックの防水性を利用して、オリジナルの鉢カバーを作ることもできます。
手順は次の通りです。

  1. 牛乳パックは洗って乾かしておきます。
  2. 安定感を良くするために、鉢の高さに合わせて上部を切り、上の部分を2〜3センチほど外側に裏返してテープで固定します。
  3. 包装紙などを両面テープで貼ったり、カラフルなビニールテープなどを巻きつけたりしたら、この中に鉢植えを入れます。

夏の涼しげなインテリアとして

牛乳パックの他に、お好みの生花と湯冷ましがあれば、夏場のテーブルや部屋の中を涼しげに演出する氷花も作れます。
作り方は次の通りです。

  1. きれいに洗った牛乳パック1つと、牛乳パック本体の高さに切り揃えた花束を用意します。
  2. お湯を十分に沸騰させたら、よく冷まします。
  3. 花束を逆さまにした状態で牛乳パックの中に入れてから、湯冷ましを注ぎ入れます。
  4. ふたをきっちり閉めて冷凍庫で一晩凍らせます。
  5. 凍ったら牛乳パックを破って氷の塊を出し、塩をまいた平らなお皿などに乗せれば完成です。

氷花作りのポイントとその理由

ちなみに、花を逆さまに入れるのは、花が開いて仕上がりがよりきれいになるからで、湯冷ましを使うのは、普通の水では氷が不透明になってしまうからです。お皿に塩をまくのは、氷花の安定性が良くなるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る