子供を日焼けから守ろう 〜 紫外線の影響に注意!

5月の日差しの中、子供を外遊びさせていると肌が赤く炎症してしまうことがあります。小さな子供ほど紫外線の影響は大きく、油断はできません。

これからますます暑くなる季節。紫外線の影響と日焼け対策について知っておきましょう。

スポンサーリンク

紫外線を浴び過ぎるとどうなる?

日光の浴びすぎはしみ・しわの原因になるだけでなく、白内障などの目の病気の原因にもなります。肌の老化を早めて皮膚がんの発生率を高めることにもなります。子供のうちはしみやしわはできませんが、赤く炎症したり、ヒリヒリ傷んだりします。特にアレルギーなどで皮膚が弱いお子さんは紫外線の影響を受けやすいので注意が必要です。ひどい日焼けはやけどと同じで、水ぶくれができたりします。

子供は外遊びが大好きです。「18歳までに、一生のうち浴びる紫外線量の半分を浴びる」といわれます。小さいときからしっかり紫外線対策をしていきましょう。

紫外線対策

紫外線対策には日焼け止めを塗るのが有効ですが、赤ちゃんや子供は皮膚が弱いので安全な製品を使ってください。ベビー用や子供用の低刺激のものが良いでしょう。UV効果が高いほど肌への負担が大きくなります。日常生活ではSPF10程度、PA++くらいで良いでしょう。汗をかいたらふき取って、もう一度塗ってあげましょう。

外遊びするときは、できれば紫外線が強い10〜14時の時間帯は避けましょう。どうしても遊びたいなら、なるべく日陰を選んで遊びましょう。長袖の服や帽子で紫外線を防ぐことも大切です。

応急手当

日焼けで肌が赤くなり、熱を持っているときは、水シャワーで冷やしてあげましょう。タオルを濡らして肌を冷やしてあげても良いでしょう。水ぶくれになるようなひどい日焼けをしてしまった場合は、皮膚科を受診しましょう。清潔なガーゼで保護して、水ぶくれを潰さないように気を付けます。

日焼けが治るまではお風呂はぬるめに設定し、着替えなどの際も肌をこすって水ぶくれが潰れてしまわないように気を付けましょう。大人用のスキンケアは刺激が強く、しみて痛い場合がありますので使わない方が安心です。

【参考文献】
※熊本日日新聞平成26年5月2日朝刊「紫外線 気を付けて」
※「0〜6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア」学習研究社、2008年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

おすすめ本

ページ上部へ戻る