中断証明書って?

自動車保険は毎年契約を更改するので、掛け捨てというイメージが強いかも知れません。しかし、割引等級は無事故だと1等級ずつ上がっていきます。そこで疑問が浮かびます。もし、契約更新をストップしたらどうなるのか?

もし、なんらかの事情で自動車保険が不要になった場合、長年無事故で20等級であったとしても再度加入時には6等級からのスタートになります。これではフェアではありませんから、保険契約を一時中断するときに中断という手続きがあります。中断手続きを行えば、そのときの等級は次回契約時に引き継がれます。

スポンサーリンク

こういった場合に便利

自動車保険を一旦中断するには色々なケースがありますが、人生で起こりうるイベントは以下が多いでしょう。

  1. 海外赴任することになった
  2. 通勤に車を使わなくなったので手放した
  3. リースが満期になったので車を返した

2が最も多いかも知れませんね。引っ越した先は電車やバスなどの方が利便性に優れ、自動車は月に一度しか乗らなくなった等です。では、どうやって手続きするのでしょうか?

中断の条件・手続き・再開

まず、契約している保険会社の代理店に中断したいと連絡します。すると、中断証明書を発行するにあたって以下の条件を満たすか確認があります。

中断証明書発行の条件

  • 中断後の保険契約も7等級以上であること
  • 解約日、または満期日までに廃車・他人への譲渡・リース業者への返還手続きが完了している
  • 解約日、または満期日までに車検証の有効期限が切れている
  • 複数台車両を所有している場合、他の契約の自動車の廃車・他人への譲渡・リース業者への返還に伴い、被保険自動車を他の自動車と入れ替えている

条件を満たし、以下の書類を代理店に提出します。

手続きに必要な書類

  • 中断証明書発行依頼書
  • 中断前の保険証券の写し
  • 自動車保険を契約していた車両を、廃車・譲渡・返還したことを証明できる書類

無事、中断証明書が発行されると、以後10年間、等級を引き継いで再契約が可能です。最後に、再契約する際の条件です。

等級が引き継がれる条件

  • 中断日から、新しい自動車保険の契約開始日まで10年以内である
  • 新しい車の取得から1年以内の契約である
  • 海外渡航の場合、新契約の開始日が出国の翌日から10年以内、かつ帰国日の翌日から1年以内である
  • 中断前と車の所有者が同一である
  • 中断前と被保険者が同一である
  • 中断前と車の用途・車種区分が同一である

一見すると条件をクリアするのが難しそうですが、難解なイメージを受けるのは、間違った解釈にならないよう堅苦しい文章になっているからでしょうね。事前に代理店へ相談しておくと、イレギュラーなケースでなければ問題なく手続きできるはずです。

なお、等級を引き継いでの契約の際は、中断証明書と契約する車の車検証が必要になります。ただ、長期間中断していると、中断証明書を紛失してしまう方も多く、その場合は再発行可能です。ただし、中断証明書の再発行にも条件がありますので、この手続きについては別の機会に説明したいと思います。

自動車保険は弁当箱 – 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

この記事を書いた人

森村 仁
森村 仁 公式HP
Soul Kitchen【活動エリア】北海道
得意分野が作曲編曲、自動車保険、カルトムービーという変わり者。
人生のほとんどを神奈川・東京で過ごしましたが、現在は故郷函館で暮らしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る