シーツやカバー、敷きパッドの収納術

布団と違って、シーツやカバー、敷きパッドは薄く、多く収納してもかさが増さないのが特徴です。

この特徴を活かして、シーツやカバー、敷きパッドは収納しましょう。

スポンサーリンク

シーツやカバー、敷きパッドはこまめに変える物

シーツやカバー、敷きパッドの収納
さて、シーツやカバー、敷きパッドは「こまめに洗濯ができる物」です。頻度は2〜3日から1週間に1度、中には1ヶ月に1度なんて人もいませんか?汗などを多く吸い込むものですから、シーツやカバー敷きパッドは常に清潔にしておきたいもの。できれば、シーツであればできれば一週間に一度、敷きパッド類は水分を含んだらすぐに洗いたいものです。

とはいえ、シーツやカバー、敷きパッドの洗濯、交換は面倒くさい!という方も多い事と思います。(何を隠そう、筆者もそうであります。)シーツやカバー、敷きパッドの交換がなぜ面倒なのか考えてみました。
シーツやカバー、敷きパッドの交換

  1. 畳むのが面倒
  2. 交換が面倒

ざっと思いついたのがこの2つの「面倒」です。収納術で、これらを解消していきます。

四角く畳んで、小さく収納

敷きパッドは楽に畳めますが、カバーやシーツは大きい分、畳むのが大変です。これらをキレイに畳むポイントは、角を付けて畳む事。
四角く畳んで小さく収納

まず、大きいままの四隅を引っ張り、「角を主張」します。角がない物も、とりあえず四隅を引っ張って角を作りましょう。次に、上下の角と角を合わせるように畳むと、折ったところが直線になるなずです。その直線を半分にするつもりで、辺と辺を合わせます。後は横方向や縦方向に同じ作業を繰り返すだけ。収納する場所に合った大きさになるまで、「小さく・四角く」畳んでいきましょう。収納を便利にするコツは、同じ大きさに揃える事です。
同じ大きさに揃える収納
厚紙やクリアーファイルで、畳み方のガイドになるシートを作って置くと、それに合わせて四方を内側に折るだけで、大きさを揃える事ができ、とても便利です。

どんどん使えるように、多くまとめて1ヶ所にしまおう

シーツ、カバー、敷きパッドは、「こまめに交換する物」です。つまり言い換えれば「肌着と一緒」とも考える事ができます。肌着は、消耗品。普通の衣類よりも数が多い物です。シーツ、カバー、敷きパッドも多く揃えていると、便利。数を多く揃えている事のメリットを列挙してみます。

  • 「しなくちゃならない」という意識を軽くする。
  • 洗濯を少〜し溜めても大丈夫になり、余裕ができる。
  • 枚数があるので、次々と交換もしやすい。

肌着と同じように、「シーツ」「カバー」「敷きパッド」の収納コーナーを作ってまとめてしまっておくと便利です。場所は、使いやすい場所に。

  • 布団をしまう押し入れの中にすのこやラックを敷き、空いた場所に収納ケースを入れる
  • タオルや肌着など、こまめに交換する物を仕舞っている棚やクローゼットの中に仕舞う

例えば上記のように、自分が実際にシーツやカバーや敷きパッドの交換をする時、移動距離がより少ない場所(動線上)がより望ましいでしょう。

見やすく、取り出しやすい場所、ケースを使う

交換が面倒な理由に、「取り出すのが面倒だから」という場合が多いと思います。筆者の場合は、一人暮らし時代、「開けてはならない部屋」だったクローゼットの奥深くにシーツ達がいました。当然、衣類を掻き分け掻き分けシーツを取り出す気も無く、休日は心ゆくまでぐっすり寝ていたい人間だったので、気がつけば1ヶ月そのまま…なんてこともよくありました。
オープンな収納がGood
最近はやっと畳んだ物はすぐに仕舞う癖と、引き出しの中も見やすくする癖が付いたので、衣類はもちろん、シーツやカバー類も取り出しやすく、「交換する意欲」が出てくるようになりました。この点から考えても、普段から下記の事は大切だなあ…と思っています。

  • 「整理整頓」
  • 「把握できる範囲で物を置き、仕舞う」

シーツやカバー、敷きパッドも同じ理由で、『見やすく』『取り出しやすい』場所や収納ケースを使うと、交換の負担が減ります。

人間不思議なもので、「やらなきゃ」と思っている時はなかなか行動に移せない物です。「扉を開ける」、「引き出しを開ける」、「下の方から取り出す」、言葉にすると簡単なようですが、実際、そのハードルは結構高めです。数が多く、頻繁に交換したい物は、オープンシェルフやかご、蓋のないボックスなどに大きさを揃えて縦型に収納するだけでも、ずいぶん収納の手順がシンプルで楽ちんになります。

【参考サイト】
かさばる布団、寝具の収納アイデアまとめ – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132374025108794201
ちょこキャリ日記 整理収納アドバイザーの収納術:シーツのお洗濯頻度
http://blog.livedoor.jp/chokocareer/archives/51704046.html
シーツの収納ーIKEAのカセットボックス  | ステキMy Home
http://banbieapple.lovepop.jp/archives/375
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

防災袋と食品備蓄の違い

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る