ジュエリー収納ケースやジュエリーボックスの選び方は?

ジュエリーやアクセサリーって、数が増えると気持ちも上昇、ウキウキします。
うきうきジュエリー収納
でもアイテムが増えた分、ジュエリーボックスの中はゴチャゴチャになっていませんか?ジュエリーボックスはどのように選ぶと良いのでしょうか。

スポンサーリンク

引き出し型・付け足し型の収納が使いやすい

ジュエリーは、増える物です。しかも、ひとつひとつに思い出がある場合も多いでしょう。そんなジュエリーの収納は、次のことが大切です。

  • 傷を付けずに大切に仕舞う事ができる
  • 増えた分だけ、仕舞う場所も増やす事ができる

それには、「引き出し型」「付け足し型」のジュエリーボックスがおすすめです。引き出し型は、種類ごとに分けることが簡単ですし、付け足し型は、ジュエリーが増えた分だけ足す事ができるからです。
引き出し型と付け足し型の収納

形や大きさは揃えると便利♪

これら収納グッズを選ぶ時のポイントは、「色、形を揃える」こと。ジュエリーボックスを選ぶ3ステップは下記です。

  1. お手持ちのジュエリーの数を把握したら、それらが全部仕舞えるようなジュエリーボックスを探しましょう。
  2. 部屋の中のインテリアや雑貨と色味を合わせるか、透明の物を選ぶと良いでしょう。
  3. 2つ以上買う時は、色や形、大きさを揃えると失敗がありません。

値段ではなく、自分が使いやすい物がGood

そして、ここで大切なのは、「決して高額な物でなくとも大丈夫」という事でしょう。使いやすければ、プラスチックのクリアケースでも構わないのです。もちろん、キレイなお菓子の箱や缶だって大丈夫!

ジュエリーを取り出す時、または、そのジュエリーボックスを部屋に置く事で、自分がいかにHAPPYに気分良く使えるかが大切なのです。どんなに立派で高額な物でも、

  • 重い
  • 開けるのが面倒
  • インテリアや雑貨の雰囲気から浮く…

のでは、せっかく美しいジュエリーも、ウキウキした気分で身に付けられなくなってしまい、ちょっぴり残念です。

中が見える物だと分かりやすい

ジュエリーボックスは、中に入ったジュエリーが見えるとキレイに収納できます。例えば、

  • 上蓋がガラスなど一部透明
  • アクリルの透明ケース
  • ガラスのコップや小瓶

など、透明な物を選ぶと、

  • 中身が見えて使いやすい
  • ジュエリーが見えてオシャレに収納できる
  • 傷んだジュエリーが一目で分かる

などとジュエリーやアクセサリーにとってメリットがいっぱいです。仕舞う際は、中にハンカチや手触りの良い布などを敷いて、「ジュエリーのクッション」を作ってあげると、底板などで傷つく心配がありません。

仕切りがあると見つけやすい

指輪、ピアス、ネックレス…、カジュアル用にフォーマル用。ジュエリーといっても、TPOに従って付ける場所も種類も変わります。

  • リングクッションが付いている物
  • 格子状に枠があるジュエリーボックス
  • ネックレスを入れる細長いスペースがある

このように、最初から場所が決まっているジュエリーボックスはとっても便利。その反面、収納できる数が決まっているというデメリットもあり、ギュウギュウにジュエリーやアクセサリーを詰めた結果、かえって、取り出しづらく使いにくくなる場合もあるので、持っているジュエリーの数が多い場合は、大きな引き出しやクリアケースに、自分でトレーなどを置いて仕切りを作っていく方が簡単で、ストレスが少ないと言えます。

収納ケースに収納ケースをプラス!

引き出しやクリアケースを組み合わせて、自分に合ったジュエリーボックスを作る事ができます。これのメリットは、新たにジュエリーやアクセサリーを加えたときに収納する場所を増やしやすいという点です。
収納ケースの中に収納ケース
使うのは、「大きな箱(枠)」と「小さな箱(枠)」。大きな箱の中に小さな箱を入れるイメージです。

大きな箱(枠)

  • 引き出し
  • バスケット
  • カラーボックス

などが「大きな箱(枠)」として挙げられます。

小さな箱(枠)

「小さな箱(枠)」は、「大きな箱」に入る物であれば何でも構いません。これは、大きな箱の中に仕切りや小部屋を作る役割です。

  • 透明ピルケース
  • 陶器の小皿
  • ガラス製キャニスター
  • チョコレートやマドレーヌのお菓子の型
  • お菓子の空き箱に敷いてあるシート(一粒ずつ入っているタイプ)

などです。これだけ並べてみても、アンティークの蚤の市みたいで、可愛いですね♪

引き出しや箱、バスケットに並べて、その中にアクセサリーを乗せましょう。フォーマル用やシルバー製のジュエリーやアクセサリーは、酸化や傷に弱いので、布製のアクセサリーケースに入れると良いでしょう。また、他のアクセサリーも、傷が心配な物であれば、柔らかい布、ハンカチ、コルクなどを敷いてあげましょう。

ボックスに仕舞うだけが収納じゃない!?

ジュエリーはボックスに仕舞うのだけが収納ではありません。掛けるタイプのスタンド型、額縁のようなジュエリーホルダーなど、ジュエリーそのものをインテリアとして「見せる(魅せる)収納」にする事ができます。ジュエリーやアクセサリーはそのままでもキラキラして美しい物。インテリアとして飾れば、お部屋の雰囲気もキラキラに変わります。
ジュエリーボックスに仕舞うだけが収納じゃない?
ただし、ボックスに仕舞う収納は、空気に触れて金属が酸化して黒ずむのを守ったり、ホコリや、外からの衝撃で傷が付くのを防ぐ役割もありますので、外に飾る収納は、「普段使いの物」「傷や変質にこだわらない物」に限定するのがオススメです。

【参考サイト】
ジュエリーボックスの選び方・使い方 5記事 | nanapi [ナナピ]
http://nanapi.jp/life/12634
たくさんのジュエリーを整理したい人のジュエリーボックスの選び方 メイクボックスと小物収納の専門店 グラスマーブル
http://www.glassmarble.co.jp/hpgen/HPB/entries/9.html
『アクセサリー類』の収納アイデア方法まとめ – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134102900341859501
アクセサリーケースの作り方まとめ・手作りアクセサリーケースの作り方・ピアス・指輪・収納 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2134892735851470001
アクセサリー収納 通販|生活雑貨
http://www.seikatsuzacca.com/syunou-zacca/BN501190/p1.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る