安い&おいしい!切り干し大根でカサ増し

大根をせん切りにして乾燥した切り干し大根は、乾物の中でも最もアレンジしやすい食材ではないでしょうか。

切り干し大根の一番の特長は、水を加えて調理するとカサが2倍近くに増えるということです。つまり、料理のカサ増しをしたいときに便利な食材なのです。しかも、味が淡白なので、和・洋・中とどんな料理にもマッチします。

スポンサーリンク

もどしすぎには注意!

切り干し大根は、使う前に水でもどす必要があります。ここで、もどし方のおさらいをしてみましょう。

  1. 水に浸し、汚れが取れるまでもみ洗いする。
  2. いったん水気を絞ってから、新しい水に10分ほど浸けてもどす。

急ぐときは、洗った切り干し大根を水と一緒にビニール袋に入れ、レンジで5分ほど加熱してもOKです。ただし、切り干し大根はもどすと量が倍になり、重さも4倍くらいに増えます。1回にもどす量を乾燥状態でせいぜい30〜50グラムほどにしておかないと、とんでもない量になってしまうので注意しましょう。

和風でも洋風でも主役になる

切り干し大根は油との相性がバッチリなのですが、油で調理できるということは、メインのおかずにもなりやすいということです。一番簡単な食べ方は、もどして牛肉などと一緒に炒め煮にするという方法ですが、洋風にするならスペイン風オムレツに入れるという手もあります。

群を抜くお得感

大根は旬の時期なら1本100円くらいで手に入るし、他の野菜に比べれば保存しやすいほうではあるのですが、やはり底値で1袋98円という安さの切り干し大根にはかないません。また、料理にボリュームを出すという点でも、乾物の中では群を抜いている存在といえます。ぜひ常備しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る