他人事ではないサンキュー事故

俗語になってしまった事故ケース

交通事故の状況を一言で済ませろと言われると、「赤信号停止中の車に追突」や「交差点で左方からの直進車と接触」といった表現をします。ちょっと堅苦しいですね。
なので、よくあるケースは俗語で呼ばれることがあります。サンキュー事故も俗語になった事故ケースで、「右折時に対向車の陰から直進してきたバイクとの接触」ではなく「サンキュー事故です」と一言で済まされることがほとんどです。では、どうしてこの事故が多発するのか?また、どうすれば抑止できるのか?ということについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

律儀な人ほど損をする?

まず、下記の図1を見てください。
サンキュー事故ケース1
矢印信号の無い交差点で右折しようとしていたら、対向車がパッシングして譲ってくれました。よくある局面です。赤になってしまうと対向車とその後続車に申し訳ないですから、「ありがとうございました!」と手をかざして急いで右折すると思います。

次に下記の図2を見てください。
サンキュー事故ケース2
図1と似た状況ですが、対向車の横を直進してくるバイクがあります。もしここで、図1と同じように対向車に対して「ありがとうございました!」と急いで右折したらどうなるでしょう?バイクに気づくのが遅れて接触するか、辛うじて急ブレーキをかけてもバイクは転倒するかも知れません。このため、サンキュー事故の原因は「急いで右折しようとするから」だと言われています。確かにそうなのですが、もう少し臨場感のある状況を考えてみましょう。

事故の原因になりうるのは、急いで右折しようという気持ちだけではなく、その視線の動きにもあります。もし対向車がおらず、右折する場合、視線の先には何があるでしょう?おそらく、右折する先までのカーブラインが見えていると思います。つまり、対向車の運転席を見つめるためバイクには気づきませんし、すぐさま右折先に視線を移しますから、ぶつかる寸前までバイクに気づかないということになります。仮にバイクを目視しても、遠近感の関係で実際より遠くに見えることがあります。

こう考えると、なんだか律儀な人ほど損をする気がしますよね。なので、対向車が譲ってくれたら、挨拶後、対向車線全体を見るようにしましょう。それから少々急いで右折しても事故発生率はだいぶ低くなるはずですよ。

自動車保険は弁当箱 – 分かりやすく事故に備える記事メニュー

<ライター:森村仁

この記事を書いた人

森村 仁
森村 仁 公式HP
Soul Kitchen【活動エリア】北海道
得意分野が作曲編曲、自動車保険、カルトムービーという変わり者。
人生のほとんどを神奈川・東京で過ごしましたが、現在は故郷函館で暮らしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る