冷やし麺のおかず

暑い夏、冷やしうどん、ざるそば、冷やし素麺でつるつる〜っといきたいものです。最近は、スーパーで水洗いするだけで食べられるゆで麺も売っています。また、市販の瓶入りつゆは本当によくできていておいしいです。

出来るだけ火を使いたくはありませんが、これだけで食事を済ませてしまうのは口寂しいですよね。それに、栄養不足でもあります。

スポンサーリンク

お勧めの冷やし麺おかず

麺類のお店では、てんぷらや出汁巻き卵、錦糸卵、煮物などの付け合せがあります。こういうものを、冷やし綿と一緒に食べれば、満足感もあるし栄養バランスもいいのですが、これを家庭で作るとなると結構面倒なんです。とくに、真夏に一人分の天ぷらを作るなんて、冷し麺を食べる前にバテてしまいそうです。そこで、火を使わなくてもおいしい冷し麺のおかずを考えました。

薬味をどっさり

刻みネギ、ミョウガ、刻み生姜、刻み海苔、揚げ玉、温泉卵、刻みきゅうり、刻みハム、刻み大葉、シイタケ甘煮、干しエビなどの定番のもの以外にもキムチなんかもおいしいです。

サバの缶詰

サバ水煮缶+刻み大葉は味付けの必要もなくおいしく食べられます。このまま、ぶっかけ冷し麺にしてもおいしいです。

鶏ささみか胸肉の酒蒸し

冷し麺のたれで食べられて便利です。深めのお皿に日本酒を水で薄めたものを入れます。竹製の簾を張った上に鶏肉の小口切りをのせてラップをかけて電子レンジでチンすればOKです。ナスの小口切りやししとうなども一緒に蒸すと栄養満点です。朝作って、冷蔵庫で冷やしておくと夕ご飯の時にはしっかり冷えていておいしいですよ。市販の甘味噌や柚子味噌で食べてもおいしくなります。

さつま揚げのオーブン焼きとダイコンおろし

角天や丸天、ごぼ天などをオーブントースターで軽く焼き目を付く程度に焼きます。熱々に大根おろしをかけて食べるととてもおいしいです。もちろん、ししとう、カボチャの薄切りなども一緒に焼いて麺のつゆで食べます。

豚バラきゃべつ

深皿にキャベツ、豚バラを交互に積み重ねて6層ぐらいで着たらラップをして電子レンジでチンして、ポン酢や冷し麺のたれで食べるとすごくおいしいです。バラ肉を使うと出来立て熱々がおいしいですが、冷して食べたいときには脂身の少ない豚しゃぶしゃぶ用の肉にした方が油が固まらなくておいしいです。

揚げないから揚げ

ビニール袋に鶏肉とから揚げ粉を入れてなじませますバットに鶏肉を並べて、ごま油かオリーブ油を絡めます。刷毛で塗ればよりきれいにできます。これを、電子レンジでチンしたのちにオーブントースターで水気をとばします。揚げたから揚げとは微妙に違いますが、これはこれでおいしいです。

野菜で彩り

赤い野菜は、ちょっと添えると色合いがとてもきれいになります。トマト、赤ピーマン千切り、千切り人参などを常備しておくととても便利です。

お手軽冷やし麺おかずの注意事項

夏場は火を使わずに調理できる献立が楽です。でも、気を付けたいのは衛生面のことです。まな板と包丁は特に清潔にしなければなりません。必ず、肉、魚用と野菜用は分けましょう。一番気になるのが手指ですが、生で食べるものを触るときには直前に手を洗いましょう。その時、タオルではなくキッチンペーパーで手を拭くと、タオルの雑菌が手に付きません。タオルは、何度も手を拭いているうちに細菌の巣窟になっていることがあります。キッチンペーパーなら都度新しいものを使えるので清潔です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る