「守り人シリーズ」上橋菜穂子

小学校の高学年〜中学生になったら是非読んでほしい児童文学が上橋菜穂子の「守り人シリーズ」です。

『精霊の守り人』にはじまる11巻の壮大なファンタジーです。

主人公は30歳の女用心棒バルサ。『精霊の守り人』では、新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムを守るために戦います。

児童文学の主人公が30歳の女用心棒!?と意外に思われるかもしれませんが、だからこそ独特な、他にはない物語が展開します。

上橋菜穂子さんが創造したファンタジーの世界では、精霊や神のようなモノがいる異界が、人の世界のすぐ傍に存在していて、相互の世界が触れ合う時があります。

上橋菜穂子さんの作り出す独特の幻想的な世界を楽しんで下さい。

大人が読んでも、とても面白い小説です。

※『精霊の守り人』上橋菜穂子、新潮文庫、平成19年(ハードカバー版もあります)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る