1943年のカルデコット賞に輝いた不朽の名作『ちいさい おうち』

物語はこんな風に始まります。「むかしむかし、ずっといなかの しずかなところに ちいさいおうちが ありました」。

しっかり丈夫に建てられたこの「ちいさいおうち」が主人公です。場面はこのおうちを中心に、月日の流れが描かれます。

季節の移り変わりが美しく、のどかに年月が過ぎていくのかと思いきや、遠くにあった街の光が次第に「ちいさいおうち」に近づいてきます。「ちいさいおうち」の周辺でも都市化が始まり、広い道路が整備されて、アパートメント・ハウスや学校などが次々と建てられていきます。

電車や地下鉄がすぐ近くを通るようになり、周りを大きなビルに取り囲まれた「ちいさいおうち」はしょんぼりしてしまいます。夜はお月さまも星も見えません。あまりの環境の変化に驚くばかりです。

街を嫌い、田舎のことを夢に見る「ちいさいおうち」。そこへその「ちいさいおうち」を建てた人の孫の孫の、そのまた孫にあたる女の人が現れて……。

1943年、カルデコット賞に輝いた不朽の名作です。

※『ちいさい おうち』バージニア・リー・バートン作、いしいももこ訳、岩波書店、1965年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る