猫が買ってきた5本のロウソクで…『だってだっての おばあさん』

98歳のおばあちゃんと猫が登場します。

魚釣りが得意な猫は、おばあちゃんも一緒に魚釣りをしようと誘います。でもおばあちゃんは「だって、私は98だもの」と年齢を理由にいつも断っていました。

さて、おばあちゃんの99歳の誕生日。猫は誕生日のためのロウソクを99本買ってくるように頼まれます。しかし、トラブルのために持ち帰れたロウソクはたったの5本。あれ?ケーキに立てたロウソクは5本だから、おばあちゃんは5歳になっちゃった!5歳になったおばあちゃんは猫に誘われて魚釣りへと出かけます。

5歳になったおばあちゃんは子供のように軽やかです。花を摘んだり、川を飛び越えたり、川に入って魚を捕まえたり……。見ていて微笑ましくなります。年齢を理由に家を離れたがらなかった以前のおばあちゃんが嘘のようです。

年齢だけでなく、いろんな言い訳をして一歩踏み出せないでいる多くの人へ、勇気を与えてくれる絵本です。

※『だってだっての おばあさん』佐野洋子(作・絵)、1985年、フレーベル館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る