きつねがパンをつくらせて!『もりのパンやさん』 〜 あかちゃんのおいしい本

優しい色合いのほんわか温かい絵本をご紹介します。

「あるばんのこと きつねがパンやさんのうちへ たずねてきました」「ぼくにもパンをつくらせて」。このような感じで、毎晩パン屋さんのうちへ誰かが訪ねてきます。

きつねやたぬきと一緒にパン生地をこねる様子が描かれますが、パン屋さんも動物たちも、真面目に一生懸命作っています。できあがったパンはふかふかで、柔らかな色合いが何とも美味しそう!絵本を見ている子供達も嬉しくなるようです。

分かりやすく、シンプルな内容の絵本なので、小さなお子さん向きです。美味しそうな食べ物が出てくる絵本はみんな大好きなので、おすすめです。

登場する動物たちもそれぞれ愛らしいです。単純な内容ですが、だからこそ子供は飽きずに何度も読みたがります。子供が絵本を持ってきたら、何度でも読んであげたいですね。

※『あかちゃんのおいしい本 もりのパンやさん』松谷みよ子・文、ひらやまえいぞう・絵、童心社、2004年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

壁の一面に収納家具を置く

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る