ひたすら歩く歩行祭『夜のピクニック』

第2回本屋大賞受賞作品です。

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。朝の8時に学校を出発し、80キロを歩いて翌朝の8時までにゴールを目指すという何とも無謀な伝統行事。全校生徒1200人が、間に休憩と仮眠を取りながらひたすら歩く。

読んでみて一番驚いたのは、全篇通して高校生たちがひたすら歩くだけだということです。特に目立った事件は何も起こりません。それなのに面白い。

それぞれの高校生たちが、このイベントに対して強い思い入れを持っています。仲の良い友達と歩きたい。好きな人に声をかけたい。何か思い出を作りたい。長く歩いて、歩いて、夜も深まってくると、友人達の意外な本音が飛び出します。普段の学校生活では話す機会のない、こんなときでなければ絶対話さないような個人的な話を、夜の闇の中でついつい語ってしまうのです。

大人は読んで懐かしい気持ちにもさせられます。中学・高校生も、大人も楽しめる小説だと思います。

※『夜のピクニック』恩田陸、新潮文庫、平成18年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る