大人たちの強要から逃亡…『車輪の下に』

ハンス・ギーベンラードは疑いもなく優秀な子供でした。ハンスは周囲の期待を一身に背負い、猛勉強の末に神学校に合格します。神学校で首席を取るべく勉強に励むハンスは、天才的で、しかし教師から見れば問題児のハイルナーと出逢います。ハイルナーとの友情に引かれれば引かれるほど、学業から遠ざかる結果になったハンスは、次第に落ちこぼれていき……。

ハンスは学業のために子供時代の自由な遊びや思い出を犠牲にしました。過剰な期待に応えようと自分を押し殺してきた結果、神学校という厳しい体系にぶつかって、「車輪の下に」押しつぶされてしまうのです。

教育の在り方や、親が子供に過剰な期待をすることの負担などについて考えさせられる小説です。

光文社古典新訳文庫など、色々なところから出版されていますので、読みやすい本を選んでみて下さい。

※『車輪の下に』ヘルマン・ヘッセ、秋山六郎兵衛/訳、角川文庫、昭和28年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る