生きる力は眠っている『秘密の花園』

インドで両親を亡くしたメアリは、英国ヨークシャーの大きな屋敷に住む叔父に引き取られることになります。両親の愛情を知らないメアリは、何でも命令を聞く使用人達に囲まれて育ったために、わがままでひねくれた子供になっています。

叔父は屋敷には不在がちで、100も部屋があるような大きな屋敷で、メアリほとんどの時間を一人で過ごすことになります。そこで、10年間も誰も入ったことがない「開かずの庭」があると聞き……。

メアリは病弱な従兄弟のコリン、動物と話ができるディコンに出会い、「秘密の庭」を見つけてその庭を蘇らせようと試みます。対等に話せる相手を見つけたメアリとコリン。どんどん育っていく花々や、人懐っこい動物たちに囲まれて過ごすうちに、この2人に驚くべき変化が現れます。

歓びと驚きに満ちた再生の物語です。

※『秘密の花園』バーネット/著、土屋京子/訳、光文社古典新訳文庫、2007年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

防災袋と食品備蓄の違い

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る