一度読んだら宝物になる『星の王子さま』

——ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは、目に見えない。

砂漠に飛行機で不時着した僕が出逢ったのは、とても不思議な雰囲気の小さな男の子。その男の子は、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐって地球にたどり着いた王子さまだった。

大人になると忘れてしまう大切なこと。この本はそれを思い出させてくれます。

「人間たちって、特急列車に乗っているのに、なにをさがしているのかもうわからないんだね。だからせかせか動いたり、同じところをぐるぐるまわったり……」。ハッとさせられるような大切な言葉がいくつも散りばめられた、宝物のような本です。1冊持っておいて、時々読み返すことができたら素敵ですね。

※『星の王子さま』サン=テグジュベリ/著、河野万里子/訳、新潮文庫、平成18年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る