これで失敗なし!衣類を賢く買うためのコツとは?

人間の体は一日のうちでも刻々と形を変えています。

時間帯によって体型もわずかながら変化しているので、衣類を買うときは、そのへんも考慮してサイズ選びをする必要があります。

スポンサーリンク

ボトムスを買うときの注意点

スカートやパンツなどのボトムスは、食後すぐや空腹時を避けて買いに行きましょう。普段とお腹のサイズが違うので、試着時にちょうどよかったものが、帰宅後に履くと大きすぎたりきつすぎたりということにもなりかねません。

試着するときは、普段履く靴と同程度の高さのヒールの靴を履きましょう。高いヒールには似合っても低いヒールには似合わないということも少なくありません。お店によっては高さの違う靴を何種類か用意してあるので、借りて履くというのも手です。

ネクタイはよじれの有無をチェック

ネクタイを選ぶときは、色柄と同様によじれの有無にも気を配りましょう。よじれの有無を見分けるには、ネクタイの幅広部分の両端を引っ張り、生地の目の角度を見ます。ネクタイはバイアスと呼ばれる生地を斜めに切る裁ち方をしてあるので、目の角度が45度になっているのがよじれのないネクタイということになります。

靴を買うなら午後3時

足は寝ているときに最も小さくなり、その後体重の重みや血液の循環によるむくみなどで膨張します。したがって、自分に合ったサイズの靴を選ぶには、一番大きくなるといわれる午後3時に買いに行くのがベストです。この時間に選んだ靴なら、きつくて困るということにはなりません。

タイトスカートの賢い選び方

ちなみに、タイトスカートはウエストよりもヒップのサイズで選ぶほうが賢明です。ヒップを補正するよりウエストを補正するほうが簡単ですし、ラインもきれいに出ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

壁の一面に収納家具を置く

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る