便利で長持ち!フライパンの賢い選び方

フライパンを安さや軽さだけで選んでいませんか?

長く使っていくことを考えるなら、もっと重視すべきポイントはたくさんありますよ。

スポンサーリンク

長い目で見れば鉄製がベスト

フライパンには、鉄製のものやテフロン加工したものなど、さまざまな種類がありますが、長く使い込むには鉄製フライパンがベストです。

テフロン加工の場合、間違って空炊きしたり傷つけたりすると加工部分がダメになり、焦げつきやすく使い勝手のよくないフライパンになってしまいますが、鉄製なら使い込むほどに油がフライパンによくなじみ、より焦げつきにくくなってどんどん使いやすく育っていきます。

薄手より厚手

フライパンを買うときは、薄手のものは避けましょう。薄手のほうが軽くて扱いやすいように思えますが、料理を上手に作るには実は不向きです。薄手のフライパンは、火が当たっているところは熱いのに当たっていないところはさほど熱くならないというように、表面温度のムラが大きくなりやすいので、素材にきちんと火が通りにくいのです。当然、料理も失敗しやすくなります。

逆に、厚手のフライパンなら温度ムラができにくいので、そうした失敗をせずに済みます。

柄の部分も忘れずチェック

フライパンは柄の部分も重要です。買うときは実際に柄を握ってみるようにしましょう。柄の大きさが手に合わず握りにくいと使いにくいものです。しっかり握って、自分の手のサイズに合ったものを選びたいものです。また、柄を持って前後にゆすり、付け根がしっかりしているかどうかも確認しておきましょう。

長く使うなら品質重視で

最近では調理道具も安いものがたくさんあるので、つい価格重視で選びがちですが、すぐダメになって買い替えることを思えば、最初からある程度の品質のものを買うほうが結果的にはお得ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る