素材をきれいに切る包丁の隠しワザ

料理は、味はもちろん見た目や歯ごたえも肝心です。素材の切り方が乱雑だと、味が十分にしみこんでいなかったり形や食感が悪かったりして、出来映えも半減ですよね。そこで、素材をきれいに切るためのちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサーリンク

押し包丁・引き包丁

包丁の切り方には、包丁を前方に押し出すようにして切る「押し包丁」と、手前に引いて切る「引き包丁」があります。

押し包丁は、ニンジン・ダイコン・ジャガイモなど堅くて厚みのある野菜や、白菜などを細かく刻むときに用います。引き包丁は、魚を切り身や刺身にするときの使い方で、切っ先を上げ、弧を描くイメージで手前に引くとスムーズに切れます。

肉を切る前に包丁を水につけて

生のブロック肉を何枚も薄切りにしていると、包丁の刃に肉の脂や粘りがついて切れ味が鈍ってきます。こんな状態で切り続けてもきれいに切れないし、ケガもしやすくなります。肉を切るときは、事前に包丁を水につけると、脂や粘りがつきにくくなります。また、イカなどの粘り気のあるものを切るときにも役立つ裏ワザです。

材料は同じくらいの大きさに

炒めものをおいしく作るには、強火で短時間に火を通すことが大切です。そのためにも、材料をみな同じくらいの大きさに切りそろえると、火の通り方はもちろん、調味料のからまり方も均一になります。

硬い肉を軟らかくするには?

ステーキなど大きめの肉を扱うときは、そのまま調理すると肉の繊維が残って食べにくくなります。これを避けるには、調理前に肉の繊維を直角に切っておきます。最初から包丁で切っておけば、食べるとき繊維が切れなくて困ることはありません。短い間隔で何本も切り込みを入れておくと、安くて硬い肉も軟らかく食べやすい肉になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る