バラバラになりやすい小物の収納、どうしてますか?

アクセサリーから文房具まで、小さくて数がある小物は、あっちこっちに置いておくと、バラバラになって、お部屋のごちゃごちゃの原因にもなってしまいます。そんな小物の収納で押さえるべきポイントを紹介します。

スポンサーリンク

小物のおうちを決めて、ごちゃごちゃ防止

使った小物は、どこにしまっていますか?
「置きっぱなしだったかも…」
「手が届くところに掛けて置いたから、大丈夫!」

そんなかつての筆者のようなあなたは、ちょっとだけ心配です。『見える所に置いたから安心♪』しかし…ある日帰宅して扉を開けた瞬間気付くのです…。
小物ジャングル
「こ、、小物ジャングルになっておる!!(by筆者)」

収納のために買ったフックやポール、ハンガーに、アクセサリーからストールから、衣服から、何でも掛けてしまっているので、「なんか実ってます」状態。メモ帳やらペンやら紙類もカラーボックスにとにかく突っ込んでいるので、まるで郵便物が溜まった郵便受けのよう…。フックに掛けたり、収納ケースに入れたりはしているので、床にモノが散乱はとりあえずしていないのですが。。。

「…なんか、部屋がごちゃごちゃとしているように感じる…」

これが、小物の魔力なのでしょうか(笑)。そんな小物達がごちゃごちゃの原因になってしまったのは、「小物達のおうちを決めていないから」だったのです!
小物の収納部屋
小物のおうち、つまり、「小物を仕舞う場所の定位置」。これをビシッと決めるだけで、お部屋はとっても変わります!例えば下記などです。

  • スカーフやストールはクローゼットの中の布製のボックスに収納
  • アクセサリーは、ジュエリーボックス、それ以外はウォールポケットに収納
  • メモ帳は引き出しの中に、ペンはペン立ての中に入れ、入らない分は引き出しに収納

ひとつ習慣づけると、ラッキーの連鎖のように広がるのが、小物収納の輪です。まずは、「アクセサリーはここ!」など、一つだけから始めると、収納が楽しくなってきますよ。

仕切れば簡単に部屋が作れる

引き出しや棚、収納ボックスなど、いざ小物を仕舞おうとすると、大きすぎると感じた事はありませんか?

縦型収納にして置いてみても、たくさん詰めないと安定感がなくって倒れてしまう…、そんな場合もあります。ここは思い切って、引き出しやボックスの中を仕切ってしまうのがオススメです。使う物は、下記などです。

  • 100均などで売られている仕切り板
  • お菓子やタオルの空き箱や紙袋
  • 書類分類ケース
  • 空きビン

仕切り板は、ハサミで簡単に長さを決められるものが100円ショップなどで売られています。箱はいくつか大きさの違うものを用意して、クリップなどで留めると便利です。紙袋は内側に折って、側面を厚くして使います。

書類の分類ケースは、引き出しに入るサイズのものを、2〜3個用意するとよいでしょう。空き瓶も同様です。これらで「小物が1〜5個程入る程度の部屋」を作っていきます。
小物は仕切って収納
引き出しやボックス、棚に、何も入れていない状態で置いてみましょう。その後、実際に小物を入れて、置いてみます。

「お、なんか良いな」と思ったらそれでしばらく使ってみましょう。小物を取り出しているうちに、「もっとこうだったら使いやすいのに」「こうしてみようかな」など、思いついてくるはずです。思いついた自分のアイディアを、どんどん試してみましょう♪

試行錯誤を繰り返しているうちに、自分に使いやすい収納の仕方が、見えてきます。

収納は人もモノも無理をしない

メモリーカードのメモリーは、一杯になると、もう入りません。データの容量が増えれば増えるほど、データは重く、本体の動きも悪くなります。「収納」にも同じ事が言えます。

棚、クローゼット、引き出し、収納ボックス…、自分のお部屋の容量って一体どれくらいなのでしょう?押し込んでいたり、はみ出たりしているのは、明らかに容量オーバー。特に小物は、その傾向が多いように感じます。

時には、不必要なモノは捨てて、空きスペースを作ることも大切です。ギュウギュウの状態よりも、ややスペースのある状態の方が、使っている人も余裕をもって使うことができます。
無理をしない小物収納
モノだけでなく、人も無理をしないことが大事です。「モノがいっぱいあって困ったな…」そう思ったら、一人でがんばる必要はありません。

友達にあげる』、『お店に買い取ってもらう』というのはもちろん、『捨てる』というのも、自治体のゴミ回収がなければ一人では処分できませんから、助けてもらうという選択の一つです。

収納は人もモノも無理をしない。

これが、本当の収納上手だと、筆者は思います。

工夫次第でなんでも使える♪

小物は名前の通り、小さな物です。ということは、小さい分コンパクト! → 収納場所、収納グッズを選ばない!とも言えます。

  • 小さなバケツ
  • 花瓶
  • アクリルペン立て
  • 使っていないお皿
  • アンティークのお菓子の型
  • ブリキのバケツ
  • 紙袋

これ以外にもたくさんあると思います。収納に使えそうと思ったものは何でも使ってみるのがオススメです。おしゃれにしたい場合は、「同じ形、同じ素材、同じ大きさ」の収納グッズを数個ほど揃えると良いでしょう。
オシャレな小物収納コーナー
それらを引き出しに並べたり、棚に置いたりすれば、あっという間におしゃれな小物収納コーナーの完成です。

小物収納、まとめ

バラバラになりやすい小物収納では、「定位置」を決めましょう。

引き出しや収納ボックスの中は、仕切ると使いやすくなります。箱やビン、100円ショップなどで売られているハサミで切れる仕切り板などで仕切りを作ると良いでしょう。

場所を決めたら、必要以上に収納しない事が大切です。容量にやや空きがあるくらいの方がスッキリと収納できます。不必要なモノは思い切って手放す事もポイントです。

【参考サイト】
【100均】カゴ・ケース・ビンを使ったオシャレで機能的な簡単収納術【画像集】 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133252585376719401
■100均グッズで賢く収納!! – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135390270511242601
文房具のおしゃれな収納方法・アイデア集【ボックス・引き出し】
http://www.decornote.net/stationery-storage/
5分でできる整理・収納術 洋服・小物編:日経ウーマンオンライン【幸せを呼ぶ部屋づくり&暮らし術】
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20100909/108509/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る