自分の時間を楽しむために『50歳をすぎたら家の整理を始めなさい』

メディアや講演会で活動しながら、企業との商品開発・コンサルティング・間取り監修など、幅広く活躍する近藤典子さんの著書。家の片づけを通して、日々の暮らしに潤いを与えてくれる一冊です。

こどもが自立して仕事の区切りもついてきた頃、自分の時間を楽しむには、まず家の中を変えること。整理・収納は、モノを使う頻度や生活の重点に合わせることが必要です。年齢や体力に応じた使いやすい家づくり、その準備を50代から始めませんか。

スポンサーリンク

50歳をすぎたら家の整理を始めなさい 目次

1章 家族の形が変わりました!

  • 人生を変えるヒントは、家の中にあります
  • 子どもの部屋はミュージアム? ほか

2章 思いは出して味わうもの

  • 思い出」は出さないと意味がない
  • 思い出の品、最後は誰に伝えるもの? ほか

3章 趣味に勉強、自分の空間をつくるコツ

  • リビングダイニングをじょうずに使う
  • 寛ぎ方はあなた次第 ほか

4章 気になる親の家のもの

  • 散らかり放題の家、思わぬケガの元になります
  • 喧嘩をせずに、スムーズに片づけるコツ ほか

5章 からだにやさしい収納のヒント

  • 頻度を見極める、1か所にまとめるようにする
  • 高い場所の収納は危険。出せない場所は「ない場所」です ほか

巻末 失敗しても大丈夫! お試しDIY家具のつくり方

口コミ・評判 ピックアップ

  • 近藤さんのお話は、いつもわかりやすくて参考になります。何でも大切にとっておく祖母が亡くなったとき、片づけに苦労したことを思い出しました
  • 私が捨てようとするものでも欲しがる母も真剣に読んでいました。余計なものがなく、必要なものだけに囲まれた生活が実現する日も近そうです
  • 無理のなさが私にはぴったり。とにかく片づけが下手でモノを捨てたくない私にも、片づける決心をつけさせてくれました
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

壁の一面に収納家具を置く

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る