• 2014/12/17

タオル類の使いやすいたたみ方と収納法

置く場所があればそこはモノでふさがり、それらはいかにもなくてはならないモノのような錯覚を私たちに与えるようになっていきます。

ときどきは、使用するモノの必要数を確認してみましょう。

スポンサーリンク

タオルの必要最低限の枚数とは?

タオル類は、普段は1日の中で使う枚数が少ないとしても、急にたくさん必要になったときのことを考えるとつい多めに揃えてしまいがちですが、とりあえず必要な枚数だけを置いておいても、実際はそれで十分間に合います。

毎日洗濯をし、その日のうちにたたんでしまう家庭の場合、バスタオルは家族数×1枚、フェイスタオルは家族数×2〜3枚が最低限必要な枚数です。

きれいに見えて引き出しやすい収納方法とは?

タオルが売場のように美しく棚に整っていると、洗濯をして片付けるときも気持ちがいいですよね。

タオル類の収納のコツは、重ねる際にサイズを揃え、輪の部分を手前にして置くことです。そうすると、上下のタオルを一緒に引き出してしまうという失敗も防げます。

収納用品別のベストなたたみ方とは?

奥行のある物入れにタオルを収納するときは、バスタオルは縦長に、フェイスタオルは小さくたたんで前後二重に置くと、取り出しやすくなります。

奥行がない棚に置く場合は、幅広になるようにたたみます。

引き出しやスライドかごなどに入れる場合は、すべてがひと目で見え、取り出しやすいように立てて入れます。引き出しの場合、立てたときの長さを引き出しの深さより2〜3cmほど短くなるようにたたむと、開閉の際に引っかからないで済みます。クルクル巻く方法は、たたむよりも手間がかかります。

タオルハンカチは棚より引き出しがベター

タオルハンカチは引き出しに入れたほうが収まりもよくなります。棚しかない場合は、プラスチックの箱や空き缶などに入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

キッチン収納9つのポイント

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る