トイレ掃除と快適収納のコツ

掃除がしやすいこと。これこそがトイレ収納で一番重要なことです。

基本的にはなにも置かないで済むなら、それにこしたことはありません。

スポンサーリンク

トイレの中に収納しておきたいモノとは?

とはいえ、トイレットペーパー2個くらいは、安心のためにも置いておきたいですよね。また、掃除用のブラシやペーパーなども、こまめに掃除をするためにはトイレの中に収納しておきたいものです。さらに、便座カバー・マット・手拭きタオル・衛生用品などの予備も、中に収納しておけると取り替えるとき便利です。

トイレを出たすぐの位置、たとえば廊下に収納スペースがあれば、掃除用具以外はそこに収納してもOKですが、トイレの中に棚が一つもない場合は、工夫して収納場所を設けましょう。その方法をいくつかご紹介します。

つっぱり棚をタンクの上に取り付ける

直接ペーパーなどを置くと下から見えて体裁が悪いものですが、つっぱり棚に布を巻きつけ、くるりと巻いて安全ピンで留めるようにすれば解決します。縫う必要はありません。

前から見えるのがいやなら、籐カゴなどに入れてから置きましょう。つっぱり棒でのれんをかけて目隠しをすると、高い位置なので意外と出し入れのときに邪魔になります。

小さな棚を置く

タンクの反対側に文庫本サイズの奥行で背の低い棚を置けば、飾り物のスペースも兼ねた楽しい収納になります。この棚にはトイレットペーパーや予備タオル、つっぱり棚からでは出しにくい衛生用品などが置けますが、ここでは目隠しのカーテンが必要です。

トイレ専用収納棚を置いてもOK!

最近では、コーナーに置ける天然木製のトイレ用小家具もたくさんありますし、そういう商品が手に入るなら以上のような工夫は必要ないと思いますが、掃除のしやすさと快適さとを考え、自分なりに試行錯誤してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子どものおもちゃの収納術

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る