• 2014/12/20

クローゼット収納は4つのハンガーを使い分けよう

機能的かつ着たい服が選びやすいクローゼットにするには、使うハンガーの種類にもこだわってみましょう。

種類の統一が省スペースのカギ

現在使っているハンガーを見るだけでも、いろいろな種類のものがあることがわかりますよね。実はこれも、クローゼット内のスペースをムダにし、服の出し入れを煩雑にしている理由なのです。

ハンガーの種類を揃えるだけでも、出し入れはずいぶんラクになります。というのは、同じハンガーなら凹凸が同じなので、服を一方に寄せて取り出すときのスペースが作りやすくなるからです。些細なことですが、出し入れの手間は大きく違ってきます。

スポンサーリンク

ハンガーの使い分け方

ハンガーは、次の4種類があれば大丈夫です。

肩のカーブがある厚手タイプ

コートや男性用スーツに適しています。

ピンチがついたタイプ

女性用スーツやブレザーに適しています。揃いのボトムスのないブレザーも、それに合うスカートやパンツと一緒に掛けておくと、コーディネートに迷わずに済みます。
パンツは、脱いだ直後に裾を挟んで逆さに吊れば、ある程度のシワが取れます。

スカート・パンツ用のピンチハンガー

あらかじめ数段にセットされていて重ねがけができる専用ハンガーもありますが、案外手間がかかるので、連ねても単独でも使えるタイプがベターです。

薄手の滑り止め付きタイプ

ブラウスなど軽くて滑りのよい絹や化繊の生地を掛けるときにおすすめです。

スペースがないときは薄手ハンガーを連結

どうしてもスペースが足りない場合は、薄手のハンガーを段々にして掛けてもOKです。その際は、手芸用リングかS字フックを1個ずつセットして連結して使います。
ハンガー売場にはさまざまなタイプがありますが、以上の4タイプですべて間に合います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

Tシャツの基本の畳み方

2014.2.5

Tシャツをつまんでクルリンと畳んで簡単収納。ミリタリーロールもオススメ♪

子供から大人まで、みんな大好きTシャツ。 おしゃれな上、手頃な値段で買えるTシャ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る