パブリックスペースとプライベートスペースに分けよう

日本の住宅事情ではなかなか難しいものがありますが、今回は、家の中がパブリックスペースとプライベートスペースに区分けされた生活をご提案したいと思います。

パブリックスペースとプライベートスペースとは?

パブリックスペースとは、ゲストや友人などが遊びに来たときにおもてなしをするスペースで、他人に見せても恥ずかしくないスペースをいいます。これに対し、家族でくつろぐのがプライベートスペースです。

スポンサーリンク

パブリックスペース

  • リビングルーム
  • ダイニングルーム
  • 廊下
  • 玄関
  • トイレ

プライベートスペース

  • テレビルーム
  • ベッドルーム
  • バスルーム
  • キッチン

かつての日本はそうでした

最近の日本では家全体がプライベートスペースになっていて、来客を通す部屋はありませんが、かつての日本の家には、「お座敷」というパブリックスペースと、家族でくつろぐ「お茶の間」というプライベートスペースがありました。この構造は「サザエさん」の家の様子を見ればよくわかるかと思います。

また、このように部屋を分けておくと、パブリックスペースだけでもきれいにしておけば、突然の来客があっても安心して迎え入れられるというメリットもあります。

テレビルームがあるとなぜいいの?

ちなみに、あえてテレビルームを作ることを提案するのは、テレビがリビングやダイニングにあると、おもてなしのスペースがなく、家全体がプライベートスペースになって雑然としがちだからです。

3畳くらいの部屋でもいいのでテレビルームを作り、ゲーム・オーディオ・新聞・雑誌等を置き、家族だけで楽しむ部屋にしておくと、突然の来客があって、万一リビングが散らかっていても、見せたくないモノを応急処置としてこの部屋に置いておくこともできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

部屋の収納術

2015.5.26

部屋の収納で気を付けること

新生活、引っ越しをされて新しいお部屋をどう作っていくか心ワクワクされている方も多…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る