収納グッズ選びもカラーコーディネートが大きなポイント!

空き箱などの廃物利用や、そのつど入れ物を買い足すなど、収納にこだわっても結局部屋はスッキリしていないしオシャレでもなかった、という経験はありませんか?

それは、思いつくたびに収納グッズを購入するため、色彩や形がバラバラでうるさい感じがつきまとっているからです。

スポンサーリンク

まずは部屋のベースカラーを決めよう

スッキリした部屋にするには、まず色彩にポイントを置くと簡単です。部屋のベースカラーを決め、それに合わせて収納グッズを選んでいくと統一感が生まれやすくなります。

ベースカラー・アクセントカラーとは?

部屋の色彩には、ベースカラー(基本色)とアクセントカラー(ベースカラーの単調さを補いながらも引き立てる色)とがあります。
一般的に、ベースカラーには白・ベージュ・茶・黒・紺を用い、天井や壁面には彩度や明度の高い白やベージュ、床には彩度や明度が低い茶・紺という使い分け方をすると、部屋は大きく、天井が高く、奥行があって落ち着いて見えますが、逆に天井や壁を黒っぽくすると、部屋は狭く、天井が低く、穴倉にいるような圧迫感のある室内になります。
このことを考えて、壁面の収納家具や収納グッズ、カーテン、ラグマットなどを決めます。

同じメーカー・種類・色でまとめ買いするのがおすすめ

収納家具や収納グッズは室内のベースカラーに合わせますが、一般的には白・黒・ナチュラルカラーが選ばれます。
まだベースカラーが決まっていないときは、収納グッズの色は白が無難ですが、購入場所が異なったり時間があいたりすると、同じ白やベージュでもかすかに色合いが異なるので、部屋に統一感を出したい場合は、同じメーカー・同じ種類・同じ色のものをまとめ買いするのがおすすめです。
色彩がほぼ統一されていれば、あとから似たような色の収納グッズを入れても目がチカチカしません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子どものおもちゃの収納術

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る