溜まって使わない紙袋を収納グッズなどに活用しよう

紙袋は、特に有名なショップのモノだったりすると、デザインがオシャレで造りも丈夫なので、メインのバッグに収まらない荷物を入れるサブバッグとして使えるし、ちょっとしたプレゼントを人にあげる時にも使えますが、ショップの紙袋でなくても、何かに使えそうな気がしてついためこんでしまいがちです。

そんな、出番の見込みがないまま溜まっている紙袋の使い道を紹介します。

スポンサーリンク

厚手の衣類の収納に

今、いろいろな収納術が提唱されている中で、タンスや衣装ケースの中の衣類は立てて収納すべしということがほぼ共通して言われていますが、実際のところ、生地が厚手の衣類だと、丸めて立てても広がってきてしまいます。

そこで、紙袋を引き出しやケースの高さに合わせて内側に折り、その中に衣類を立てて入れれば、広がらずにきっちりと収納することができます。
紙袋の上部は切ってしまうより内側に折りこむほうが強度も増します。

じゃばら仕切りやパックハンドルを付けて

紙袋は、通信販売で入手できる「じゃばら仕切り」を中にセットすれば、手紙・請求書・領収書・ハガキ・写真・名刺・カードなどをきちんと分けて保管できる分類収納グッズにもなります。大・中・小と3種類のサイズがあるので、紙袋の大きさに合わせて選べます。

さらにインデックスシールやタイトルシールを上部に貼れば、中身をより分かりやすく整理することができます。
また、把手がない袋でも、梱包材売場で買えるパックハンドルを取り付ければ手提げ紙袋に早変わりするので、用途が増えて使いやすくなります。

別の用途を探してみる

使うあてがなくてもなかなか捨てられないという紙袋をたくさん持っている人は、これをきっかけに紙袋以外の用途を見つけてどんどん使ってみるといいと思います。

参考サイト
第71 回 100円グッズで便利収納 〜クローゼット編〜 | 本多先生の毎日の収納 | アイリス収納・インテリア ドットコム
http://www.iris-interior.com/mainichi/71/01.html
zakka collection [雑貨コレクション]|中にセットすれば紙袋が整理上手な収納グッズに変身!じゃばら仕切りの会|フェリシモ
http://www.felissimo.co.jp/kraso/v14/cfm/products_detail001.cfm?GCD=494379&GWK=3639&iid=p_fc_000000_SCH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る