40代はそろそろ…老眼の原因と予防の食事、サプリメントの有効性

老眼は一般的に40代ぐらいから始まります。
近視の人にも遠視の人にも老眼はやってきます。
しかし、進み方が速い人と遅い人があります。
どっちみち老眼になるにしても、できるだけ進行を遅くする工夫をしたいものです。

スポンサーリンク

老眼の原因

老眼の原因は一言で言ってしまうと文字通り眼の老化現象です。
眼のレンズの機能を果たす器官を水晶体といい、水晶体の厚さを調整する筋肉を毛様体筋といいます。

この毛様体筋が伸びたり縮んだりして水晶体の厚さを調整しているのです。
毛様体筋が緊張すると水晶体は厚くなり近距離に焦点が合います。
毛様体筋が緩むと水晶体は薄くなり遠距離に焦点が合います。

ところが、毛様体筋が老化すると緊張する力がおちてしまい水晶体を厚くすることができなくなります。
その結果、近距離に焦点があわせにくくなってしまうのがいわゆる老眼です。

新聞や本などをよむ場合、目と新聞や本の距離は標準的には30㎝といわれていますが、老眼になるとこの距離の視力がおちてしまいます。
毛様体筋が調整できなくなってしまった遠近の調整能力を手で補うことになって新聞や本を遠ざけたり近づけたりして調整するのです。

毛様体筋が老化するということは同じようにその周りも老化しているということです。
視界がかすんだり、また薄暗くなると視力がおおちるなどという症状がおこります。
そういう症状が相まってますますものが見づらくなるというわけです。

老眼を予防するには

老眼の根本的な原因は眼の老化です。
少しでも眼の老化を防止することで老眼の進行を遅らせることができます。

まずは十分に睡眠を取ることが眼の老化を遅らせる第一歩

また、規則正しい睡眠も眼をまもります。

日中でも眼を休めましょう

最近は仕事でも趣味でもパソコンやスマートフォンを使用する時間が非常に長くなっています。
1時間に一度ぐらいの割合で眼を休めましょう。
眼をつぶるだけでも有効ですが、まぶたを「強く閉じては開く」動作を繰り返すと目の血行が良くなり疲れが休まります。

長い間近距離ばかりを見ていると毛様体筋は常に緊張しています

作業の合間に5m以上遠くを見ると毛様体筋が緩むのでストレッチ効果を得ることができます。
作業台を窓辺にするなどの工夫をして作業の合間に遠くを見られるような環境を作りましょう。

眼の周りを軽くマッサージするのも眼の血行を良くするのに効果的で

眼の周りの骨の上の皮膚を小さな輪を描くように動かすと血行改善になります。
ただし、絶対に眼球に触れる部分に圧力を加えてはいけません。
眼圧に悪影響を与えて他の病気を誘発するようなことになりかねません。

特に目が疲れたと感じる時にはホットパックが有効

充血がないことを確かめてからぬるま湯程度の温度に温めたタオルで眼を覆います。
市販のホットパックを利用しても構いません。

目薬をさすのも、もちろん有効な方法

年齢を重ねるとどうしても目が乾きやすくなります。
コンタクトレンズなどを利用しているとなおさらです。
目薬を適宜さすことで眼に潤いをあたえましょう。

老眼を予防する食品と栄養素

眼は日常的に紫外線にさらされる器官です。
老眼を予防するには紫外線の害を軽減する食品、すなわち抗酸化作用の強い食品を多く摂取すればいいのです。

抗酸化作用のルテイン

ブロッコリーや小松菜などの緑黄色野菜にはルテインという物質がふくまれています。
ルテインは非常に強い抗酸化作用を持つ成分です。
重篤な眼病になる人にルテイン欠乏状態の人が多いのは広く知られていることです。

エネルギー生産のコエンザイム

牛肉や豚肉、鶏肉、レバー、鮭、さば、いわし、キャベツ、ピーナッツ、大豆、卵などほぼすべての食品に含まれている成分がコエンザイムです。
コエンザイムは、生物の、もちろん人間も含めてすべての細胞に存在する非常に重要な酵素でエネルギー生産に深くかかわっています。
コエンザイムが不足すること即ち衰えといっても過言ではありません。

老眼や白内障を予防するアントシアニン

ブルーベリーやカシス、イチゴ、黒ごま、紫キャベツなど、濃い赤、紫、黒などの食品の普通に存在するポリフェノールの一種にアントシアニンがあります。
赤ワインなどにも含まれる少し渋味のあるポリフェノールですが強い抗酸化作用があり、老眼や白内障を予防する効果でしられています。

水分を保持するコンドロイチン

オクラ、納豆、山芋、ウナギ、ふかひれ、すっぽんなどに含まれる成分がコンドロイチンです。
いわゆるねばねば食品といわれる食品に含まれる成分です。コンドロイチンは体内の水分を保持するのに大きな役割をはたしています。

これらの食品のほかにも抗酸化作用があるビタミン類やミネラルもバランスよく摂取することが大切です。

サプリメントの有効性

食品には多くの有効成分や栄養がふくまれています。
しかし、一方で糖分や脂肪などあまり多くとってはいけない成分も含まれています。

たとえば、コエンザイムを多く摂るために肉類を多く食べれば同時に脂肪分も多くとってしまいがちです。

ビタミン補給のために果実を多く食べれば糖分も多くとってしまいがちです。

脂肪分や糖分は過剰に摂取すれば老眼を加速させるばかりではなく糖尿病やメタボリックシンドロームを誘発してしまいます。

特にすでに老眼になってしまってその信仰を食い止めたいというような場合には、コエンザイムやアントシアニンなどの特定の成分を多く接しする必要があります。
このような場合には食品のバランスを整えながらサプリメントで補う方法が効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る