牛乳パックを家事の中でリサイクル

使用済みの牛乳パックは、スーパーなどに設置されている回収ボックスに入れてリサイクルするのが一般的ですが、日々の家事の中でも活躍できる場面はたくさんあります。

油切りやバット代わりに

まず、揚げ物の油切りとして使う場合の手順をご説明します。

  1. 洗って乾かした牛乳パックの側面にハサミを入れて切り広げます。
  2. 開いた牛乳パックの側面の角から、シールをめくる要領で2枚に裂きます。
  3. ザラザラした2枚の紙になります。

これで、ザラザラの面はフライなどを揚げた時の油切りになるし、ツルツルの面も料理の下ごしらえの時のバット代わりになります。洗う必要がなく、後片付けがラクなのが魅力です。

使用済みの牛乳パックをどんどん切ってストックしておくと、いつでもすぐ使えて便利です。

スポンサーリンク

板氷作りに

また、牛乳パックは、板氷を作る製氷器代わりにもなります。きれいに洗って水を入れて凍らせるだけで、翌朝にはきれいな板氷ができています。

あまり深さがない冷凍庫の場合でも、深さに合わせて上部をカットしたり、折ってゴムやテープで止めたりしてフレキシブルに対応できるのも牛乳パックならではの技です。

生ゴミ入れやプランターとしても

他にも、表に水分が染みだしてこないしそのまま捨てられる、という利点を活かして生ゴミ入れとして使ったり、オシャレなデザインのテープなどでデコレーションをしてプランター代わりに使ったりと、アイデア次第でさまざまなリサイクル方法が見つかると思います。

自分なりにリサイクル

忙しかったり、ちょっと面倒だったりして回収に出せなくても、こうして自分なりに何かに再利用できれば経済的だし、そのまま捨ててしまう罪悪感にもとらわれなくて済むのではないでしょうか。

【参考サイト】
牛乳パックで油きり(はっぴーママ.com)
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/ienonaka/11_ie_08061801.html
キッチンの裏ワザ – 冷凍しておくと便利なもの(はっぴーママ.com)
http://www.happy-mama.com/11_tenuki/waza/11_reito_03.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.2.15

キッチン収納を成功に導く9つのポイント

「平日、仕事帰りに買い物から帰ってきて、次々と食材を詰めていたら、週末に見て…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る