同じ洋服ばかり着てませんか?洋服をローテーションさせる収納テクニック

毎日着る服って、自然と自分が着やすい物を選びがちです。
気が付けば、いつも同じ格好ばかり…、着ない服はしまったまま…なんていうことも。

せっかくですから、ここは持っているお洋服が十分に活躍できる収納テクニックで、おしゃれスキルもアップしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

洋服収納のポイントは3つ

洋服をローテーションさせる収納テクニックのポイントは、3つ。

  1. 着たい服だけ着る
  2. しまえる分だけしまう
  3. 自分の理想のスタイルをもつ

これだけです。

「ええっ、それだけ…?」
「それができれば苦労しないわよ!」

そんな声も聞こえてきそうですが、要は「必要な事だけ行動を起こす」、シンプルな方法なのです。

洋服のローテーション収納

着たい服だけ着るという選択

アウター、インナー、ボトムスなど、それぞれの「部門」でオーディションをしましょう。
「今の自分が気に入っている物」を基準に、上位入賞者を3〜5着に決めます。

昔の彼を思い出す、これは友達からもらった大切な物…、思い出したら大いに思い出に浸ってください。それらは各メンバーを表すための、個性、言わばBGMです。

思い出に浸る時間も、気持ちを切り替えるためには大切。
それぞれの服がアピールしている事を思い取ったら、少し離れてその服を見てください。

  • 生地が薄くなったり、ほころびたり古くなっている
  • 1年以上着ていない
  • 形がなんだか古い
  • 今の自分のスタイルや体と合わない

以上の事を感じたら、ただちに捨てましょう。
捨てる方法は簡単。

大きな袋を出して、それにぽんぽん入れていくのです。
そうして仕分けしてしまえば、その服達を、捨てるも、譲るも、売るも、自由。

あなたは残ったお気に入りの服達を自由に組み合わせて、自分の着たい服だけを自由にコーディネートすることができるのです。

しまえる分だけしまえば、気持ちも空間も余裕が生まれる

不思議な物で、人間の頭の中とクローゼットの中は似ています。
服も、考える事も、隙間もないほど満杯だと、気持ちもなんだか詰まるようで、すっきりしません。

服のコーディネートがいつも同じになるのも、衣類がいっぱいいっぱいだから。
数を決めれば、持っている服の数も把握できるので、組み合わせをする「余裕」が生まれます。

  1. クローゼットや引き出しに入る分だけしまう
  2. ハンガーに掛けるか、たたんで、立ててしまう

守るのはこの2つだけ。
クローゼットに掛けるか畳んで収納

これに従って服をしまうと、思ったよりいっぱい入ると同時にクローゼット内や引き出しの中にスペースさえ生まれるのが、実感できるはずです。

自分スタイルを見つけよう

  • 「バーゲンで安かったから」
  • 「雑誌で見て人気があるから」

これは、服やアクセサリーを買うのにたいへん魅力的な理由です。
一方で、

  • 「私はこの女優さんの雰囲気が好き。この人が着ているような服を着て、同じ雰囲気をまといたい」
  • 「私には好きな色があって、その色を着ると元気が出る」

これも、同じように魅力的な理由です。

少し違うのは下2つの理由には「I(私)」が入っていること。
あなたの好きな色、素材はなんですか?あなたの理想のスタイルやテーマはなんでしょう?

思いつかない場合は、いいなあと思っているモデルさんや俳優さんを参考にしても良いでしょう。
自分のスタイルを大切にし始めると、服をはじめ、自分の持っている物が、いきいきとしてきます。

自分に必要な物だけ、必要な時に取りいれられる生活ができるのです。

参照サイト

コーディネートしたくなるクローゼット作り(友人宅の整理収納作業) AFTER : 片付けたくなる部屋づくり
http://chipucafe.exblog.jp/15741695
【断捨離】もう浪費しない。本当に必要な服だけ残すクローゼット整理・収納術【整理整頓】 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135847745953800901
無駄無くクローゼットを活用する収納術、コーディネート例 – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135796056366470901

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2015.11.20

子ども部屋の収納はどうすれば良い?

お子さんの遊ぶ・勉強する・着替る・眠るといった生活の場である子ども部屋。子どもの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る