• 2013/11/22

「食費だけ家計簿」で無理しない食費の節約術

食費は、毎日の食事に関わる費用なので、ある一定の金額が各家庭に発生します。
食費を削りすぎてしまうと、わびしい気持ちになってしまい、家族の健康をも害してしまうこともあるかもしれません。

「ムリなく幸せに!」をモットーに、食費の節約方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

半額食材で賢く節約

一番、簡単な節約方法が半額食材を買うことです。
各スーパーには、見切り品やワケあり品などを集めた、半額・割引コーナーが必ず設けられています。

特に、夕方や閉店間際になると、半額や割引になる食材がたくさん出現します。
魚などは鮮度が落ちやすいため、割引されやすい食材です。

半額食材の使い道

半額だからといって買ったけれども、使い道が分からずに苦労するというのは避けたいですよね。

そんな時は、「クックパッド」などのレシピサイトを使うといいでしょう。
クックパッドには、投稿者が実際に作ってみたレシピがたくさん載っているので、とってもオススメです。
作ったら、自分でも調理画像を投稿して、サイト内で交流するのも節約の励みになるでしょう。

週1の節約レシピ

安い日にまとめて買ったけれども、食材が余ってしまい、もったいないという経験があると思います。
そんな時のために、余った食材を全て使ってしまえるレシピを身につけておきましょう。

特に、カレーやシチューは定番ですよね。
それ以外にも、中華丼や野菜炒め、冬なら鍋もオススメです。
残りがちな野菜はこれで片付けてしまいましょう。

残った食材は冷凍するのも良いですが、在庫があるのに無駄買いしてしまって、節約にならなくなる恐れもあります。
週に1度は、余った食材を使うと決めて、レシピに困ったらインターネットで検索すれば、レパートリーが増えること間違いナシです!

食費だけ家計簿

皆さんは家計簿をつけていますか?
全ての出費を家計簿にするのはめんどうだという方は、食費だけでも家計簿をつけてみましょう。

食費は節約のカギを握っています。

毎回つけてみると、何をたくさん買いすぎているのか、何が余分なのか、これを買ったから赤字になる、などお金の使い方を把握することができます。
レシートをノートに張るだけでも違ってきます。

目的は、何にお金を使ったかを振り返ることです。
振り返ることで、買いすぎているものを節約しやすくなります。

また、1ヵ月の食費をどのくらい節約できたかを理解する目安にもなるので、食費だけでも家計簿をつけるようにしましょう。

最近では、家計簿もキャラクターものがあり、とてもかわいいので楽しく家計簿をつけることができますよ。

電気代の節約  |  ムリなく幸せに!目標は月1万円の節約術  |  洋服代の節約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

2014.12.21

備蓄食料や備蓄飲料の消費と収納法は?

「備蓄食料」「備蓄飲料」、どうしてますか? 「置く場所がないのであんまり気にして…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る