シニアだからこそ明るい春ファッション

春。
今まで、家に閉じこもりがちだったシニアもそろそろ外出したくなる季節です。

少し暖かくなったなと感じたら外出の心づもりを始めましょう。最近は、まだ寒いかなと躊躇していると急に春真っ盛りになって、ぼやぼやしていると瞬く間に春が通りすぎてしまいます。

春先に外出すると、いつも自分の服装にがっかりしてしまうシニアは多いのではないでしょうか?
周りは春らしいピンクやイエローの服の人が多いのに、自分だけは濃い茶色やグレーの服で何だか沈んで見えてしまった経験はありませんか?

春はやはり明るい色の服装で外出したいものです。太っていると明るい色は着にくい気がしますが、色の組み合わせ方や柄によって体形はある程度カバーできます。

スポンサーリンク

暖色と寒色

春先、まだ少し寒い頃にあえてパステルカラーのニットはとてもおしゃれです。細身のシニアなら思いきって、ピンクやクリーム色を着てみましょう。ピンクといっても、シニアなら少し押さえて薄いピンクベージュやサーモンピンクがおしゃれな感じです。ピンクに抵抗がある男性ならおすすめはクリーム色です。

太っている人はどうしても、濃い色目を選んでしまいがちですが春先には綺麗な明るい色を着た方が若々しく見えます。明るい色でも寒色を選べば膨張感は緩和されます。ブルーグレー、ライトグレー、ライトブルー、青みがかったライトパープルもこの季節ならではの色目です。また、春の季節、特に美しいのがライトなグリーンです。エメラルドグリーンやライムグリーンは3月から5月に特に映える色目です。

このような明るい色のニットは季節感をよく表して美しいのですが、着る時期が短い割には汚れやすいのが欠点です。あまり高級品より、家庭で洗濯できるアクリル製が楽です。

腰回りを隠すデザイン

最近はチュニック型のトップが流行しているので、女性はお尻まですっぽり隠してしまうデザインにすれば気分が楽です。チュニックは、お腹周りや腰周りが気になるシニアにはとても便利な服ですが、太っていることを気にしているならギャザーやシャーリングがあるデザインは避けましょう。丸みのあるデザインは余計に太って見えます。ストレートなストンとしたデザインの方が体型をカバーしてくれます。

男性も気になるようなら少し長めのカーディガンを着れば腰周りをカバーできます。長めのブカブカニットの裾から少しだけシャツの裾を覗かせておくのも今風でしかも腰周りをカバーできる着方です。ただし、この場合はシャツもおしゃれなものにしないと、単なるだらしない格好に見えてしまいます。

ボトムも明るい色で

ボトムもライトグレーやベージュをあわせるといかにも春らしい服装になります。男性ならコットンパンツかジーンズ、女性はチュニック下ならスキニーデニムやレギンスパンツが今風でしかも伸縮性がいいので楽です。

もう少し暖かくなると白やオフホワイトが綺麗です。白のボトムは太って見えると思いがちですが、そうでもありません。初夏から夏にかけて白のボトムは何にでもあう便利なアイテムです。ただし、白のボトムに白のトップは太って見えます。それに、白といってもそれなりに色調があるので何となくミスマッチになりやすいのです。

ボトムはシンプルでスタンダードなものが着回しがきいて便利です。なお、特にスカートの裾近くにボタンやリボンなどの飾りのついたデザインは背が低く見えてしまいます。女性はスカートならミディ丈のマーメイド型やクロップドパンツが足元をすっきり見せます。

靴も薄色に履き替えましょう

足元をすっきり見せるためには靴と靴下は色目をあわせましょう。この時期はキャメルやベージュ、グレーが楽に履けます。この時の靴もニットと同じで履く期間が短い割には汚れやすいのです。しかも、この時期は雨が多いので、高級品よりは質のいい合成皮革の靴底のしっかりしたものがおすすめです。

視線を引く小物でスラっと効果

背を高く見せたい方は、ストールやブローチなどの小物を襟元にもってくるとすっきり見えます。帽子やサングラスも見る人の視線が頭や顔にむくので背を高く見せます。チュニックを着るとトップとボトム切り替え線が下になってしまうので、特に視線を上に惹きつける工夫が必要です。この時にも、濃い色のストールやブローチよりは薄色のものの方が印象が穏やかで上品に見えます。

色味の無いグレーやベージュのニットに透け感があって色味のあるストールの組み合わせ、色味のあるニットには同じく透け感のあるグレーやベージュのストールなどの組み合わせが、ごたごたせずにおしゃれです。

スカートの裾やボトムの方にアクセントをもってくると、背が低く見えてしまいます。目立つベルトをするのも細身で長身のかたにはおしゃれですが、それ以外の人は避けておいた方が無難です。そういう意味でも、靴や靴下はボトムと似た色調のものが望ましいのです。白の靴とベージュのボトムよりは白のボトムにベージュの靴の方がすっきり見えます。

髪の色

服装全部を薄色にすると気になるのが髪の色です。真っ黒よりは少し明るめの方がバランスがいいのです。白髪の人には白っぽい服装はよく似あいます。

バランスのいい服装は痩せて見える

服装全体のバランスがいいと太っていることがさほど気にならなくなります。

シニアらしいファッションを大切に

美魔女や、腹筋が割れてるシニアは確かに魅力的ではありますが、若干肥りぎみでも、痩せすぎでもシニアならある程度は当たり前のことです。

白髪だってきちんと手入れされていれば、特にいやな感じのものでもありません。シニアらしさだって大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

壁の一面に収納家具を置く

2015.5.20

収納家具を選ぶポイント

おうちの収納と切っても切り離せない関係の収納家具。 収納家具ってどんなものが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る