シャツを生まれ変わらせる方法

お気に入りの衣類は、多少の汚れや型崩れ程度ならまだ手放したくないものです。そこで、シャツ類を生まれ変わらせてできるだけ長く愛用し続ける方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

染めて新品同様に

白いTシャツやブラウスなどの黄ばみは、どんなに気をつけていても完全に避けることはできません。しかし、まだ型崩れしていなくて十分着られるレベルなら、いっそ他の色に染めてしまいましょう。

特に、紅茶染めならわざわざ材料を買い集める必要もなく簡単です。手順は次の通りです。

  1. 大きめの鍋に湯をたっぷり沸かし、その中にティーバッグを2〜3袋入れて煮立たせます。
  2. 紅茶が十分出たらTシャツやブラウスなどを入れて約20分間煮ます。
  3. 火を止めたらそのまま冷まして、最後に色止めのためにミョウバンか塩をひとつまみ入れます。
  4. 最後に水洗いして干せば出来上がりです。

これで、Tシャツやブラウスが自然なブラウンに生まれ変わり、しみや黄ばみが目立たなくなるというわけです。

備品保存袋に

着古したタンクトップは、裏返して裾を縫い合わせてから表に返せば、簡単な布製の袋になります。さすがにお出かけ用バッグにはなりませんが、家の中の小物や備品などの保存袋としてなら十分利用できます。

底に厚紙を敷いたり紙の箱などを入れたりすれば安定するので、トイレットペーパー、買い置きしてある石鹸や洗剤、柔軟剤といった備品入れに使えば、身の回りがスッキリ片付きます。肩紐を結んでおけば、ホコリをかぶることもありません。

不安ならまずはお試しで

衣類を染めるというのは、最初はなかなか勇気が出ないかもしれません。不安であれば、失敗しても問題ないモノで事前に試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

ピックアップ記事

子供服の収納術

2014.5.19

整理が大変!子供服の収納術は?

大人と違って、サイズも小さく、数も多くてかさばりやすいのが子供服。子供服の収納…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る